一般的なBlu-rayプレーヤーで4K UHD Blu-rayを再生できますか?

一般的なBlu-rayプレーヤーで4K Ultra HD Blu-rayを再生できますか? 4K映画を再生する方法は?これらの質問は、多くの4K UHDエンターテインメント愛好家を悩ませてきました。通常、一般的なBlu-rayプレーヤーで4K Ultra HD Blu-rayディスクを直接再生することはできません。それは、通常のBlu-rayプレーヤーが25GBまたは50GBのBlu-rayだけをサポートしているためです。4K Ultra HD Blu-rayの再生には、4K UHD再生対応機器が必要となります。ここで、25と50は、GB単位のBlu-rayディスクのサイズを示します。

4K UHDムービーは、最大70GB以上のデータを保存できるBD100ディスクに保存されます。また、4K UHD Blu-rayプレーヤーは、一般的なBlu-rayプレーヤーでもサポートされていない別のビデオコーデックを使用します。4k Ultra HD Blu-rayを再生するには、2つの方法があります。一番目は、一般的なBDプレーヤーをを4K UHDプレーヤーにアップグレードします。それができない場合は、現在の4K UHD Blu-rayムービーを一般的なBlu-rayプレーヤーでサポートされているファイル形式に変換する方法があります。新しいプレーヤーにお金を使う気がない場合は、2番目のオプションの方が適していると思います。この記事では、2番目の方法をご紹介します。

解決策:4K UHDムービーを一般的なBlu-rayプレーヤーでサポートされるファイル形式に変換する方法

以下では、DVDFab UHD ブルーレイ変換を使用して、4K UHDムービーをBD25またはBD50にたはBD50に変換する方法をご紹介します。

DVDFab UHD ブルーレイ変換の機能

DVDFab UHD ブルーレイ 変換は、2160pの4K UHDムービーを1080pのBD25またはBD50にリッピングできるソフトです。4K UHDムービーからBlu-ray ISOファイルを作成するか、ムービーを圧縮して空のBD25又はBD50ディスクに直接書き込むことができます。お使いのPCはハードウェア加速をサポートしている場合は、処理スピードを大幅に向上させることができます。
 

このUHD ブルーレイ変換プログラムの最も重要な機能の1つは、通常のBDプレーヤーで最高の視聴体験を得るために、コピーやリッピング中にオーディオとビデオの品質を維持します。しかし、4K UHD Blu-rayムービーを通常のBDフォーマットに圧縮されるので、画質の違いがあります。変換の際、出力サイズをBD50に設定したら、BD25よりも高画質な出力ファイルを取得することができます。オーディオの方について、Dolby Atmos、Dolby Digitalのようなデジタルサウンドに自動的にエンコードされ、最高の音質を出力します。

DVDFab UHD ブルーレイ 変換の動作環境:

★ Windows 10/8.1/8/7 (64-bit)
★ 4GB以上のRAM
★ 200GBのハードディスク空き容量
★ 4K UHDブルーレイドライブ
★ HDR10をSDRに変換するには、以下が必要:
    NVidia GPU: GeForce GTX 750 SE、GTX 950、GTX 960 及び以上を含むMaxwell GM206シリーズ、全てのPascalシリーズ。
    またはAMD GPU:第四代GCN Polaris Discrete GPU RX 480 / RX 470 / RX 460及び以上。
    またはIntel GPU: 第5代のIntel CoreプロセッサとHDラフィックス4600及び以上。
★ DVDFabを登録するためにはライブインターネット接続が必要(ネットワークトラフィックはすこしだけ使用されます)

Tips:UHDをコピーまたはリッピングする前に、UHDドライブがサポートされているかどうかを確認する必要があります。もし、UHDドライブのファームウェアのバージョンはサポートされていない場合、不適切なファームウェアをダウングレードする必要があります。この目的を達成するには、DVDFab UHDドライブツールが便利です。

DVDFab UHD ブルーレイ変換の使い方

上記で、DVDFab UHD ブルーレイ 変換を紹介しました。以下の簡単なステップバイステップのチュートリアルでは、その作業について説明します。

ステップ1:まず、DVDFabの64ビット版をダウンロードしてインストールします。32ビット版ではUHD ブルーレイ 変換をサポートしていません。

下記のボタンをクリックして、最新のDVDFabの64ビットを無料ダウンロードして、お使いのPCにインストールしてください。

ステップ2:DVDFab 64ビット版を実行して、トップメニューから「コピー」を選択して、左側のコピーモードスイッチャー「UHD ブルーレイ 変換」を選択します。

ステップ3:4K UHDディスクをBlu-rayドライブに挿入します。ソースは4K UHD ISOファイルまたはフォルダであれば、「+」をクリックして、ソースファイルを追加してください。

4K Ultra HD Blu-rayムービーが成功に読み込まれ��後、出力Blu-rayのタイトル、チャプター、字幕、音声、出力サイズなどを自由に設定することができます。

「詳細設定」 アイコンをクリックして、「出力」オプションでボリュームラベルを編集したり、出力サイズや再生モードを選択したりすることができます。設定が完了すると、「OK」ボタンをクリックしてメインインタフェースに戻ります。

ステップ4:画面の下部へ出力ファイルの保存先を設定します。

ここに、圧縮されたムービーを空のBD25 / BD50ディスクに直接書き込むか、ISOファイルまたはフォルダとして保存するかの3つのオプションがあります。

ISOファイルとして保存するには、「ISOファイル」ボタンをクリックして、出力ディレクトリを選択してください。フォルダとして保存したいなら、「フォルダ」アイコンをクリックしてください。出力フアイルを空白なBDディスクに書き込む場合は、空白のBlu-rayディスクをBlu-rayの光学ドライブに挿入して、BDドライブを出力ディレクトリとして選択します。

保存先の設定が完了した後、「開始」ボタンをクリックして、変換プロセスが完了するまで待ちます。

豆知識:BDremuxとBDRIPは何ですか?

BDremuxとは?

4k ブルーレイやブルーレイ 4kのような単語はよく聞きますが、BDremuxって知っていますか?「ブルーレイムービーをエクスポートしてリミックスする」規格を意味します。

BDremuxの作成方法:オリジナルのBlu-rayディスクのすべてのコンテンツをソフトウェアを介してコピーし、次にディスクパッケージ内のポジティブファイル、つまり特定のm2tsファイルを抽出します。元のm2tsファイルの名前は通常0000X.m2tsで、ビデオ、複数のオーディオトラック、PGS字幕、その他のコンテンツが含まれています。 HD愛好家は、元のm2tsファイルを取得し、ビデオ、オーディオトラック、字幕情報を取り除いてから、ビデオとオーディオトラックを別々にマージしてts形式にします。こうやって得られるバージョンは、BD-remuxバージョンと呼ばれます。BD-remuxは画質と音質が基本的にオリジナルのBlu-rayと同じです。

BDRIPとは?

BDRIPは、再圧縮およびエンコードされたことを意味します。元の高解像度データを1080Pから720Pに圧縮して再エンコードするためのもので、20Gフィルムは4.3Gに圧縮されていますが、音質と画質は低下しています。 19、20、および22インチのワイドスクリーンで表示できますが、品質は明らかに低下されます。

最後に

「4k Ultra HD Blu-ray(又はウルトラhdブルーレイ)を一般的なBlu-rayプレーヤーで再生できますか?」という質問に対して、正しい答えが得られたことを願っています。4K UHD Blu-rayムービーを普通のBlu-rayプレーヤーでサポートされるビデオフォーマットに変換する方法を教えました。DVDFab UHD ブルーレイ 変換でUHD映画をコピーして、コンピュータのハードドライブに保存するISOを作成するか、それを空白のディスクに書き込むか、必要に応じて選択できます。このソフトは、30日間の無料試用期間があります。試用期間中、機能に制限はありません。 試用期間が終わったら、4K UHD Blu-ray(ウルトラhdブルーレイ)ムービーを変換するためにソフトを購入する必要があります。なお、動画変換する代わりに、4k ultra hd 再生ソフトを探している場合は、Ultra HD ブルーレイ再生対応機器ーDVDFab プレーヤー 6を試してください。

関連記事:4K UHD ブルーレイをブルーレイに変換する方法