気に入った映像作品に出会ったとき、それをリッピングして保存するという発想があるかもしれません。 個人使用以外のリッピングは違法ですが、自分の映像作品をリッピングして自宅や車内に置いておくことは違法ではありません。 リッピングコピーは持ち運びができ、大切なDVDやブルーレイディスクを傷つけたり紛失したりする可能性も低くなります。

市場には多くのリッピングソフトがありますが、MakeMKV BetaはDVD・Blu-ray動画ファイルをMKVに変換できるソフトで、非常に人気があります。MakeMKV Beta Keyの更新方法をマスターすれば、永久的かつ無料で使用できるソフトの一つとして非常に便利です。

MakeMKVやMakeMKV Beta Keyとは?

makemkv beta key

MakeMKVは、DVDとブルーレイの動画がリッピングできるソフトであり、速度や音質、画質を変化させることなく、MKVへ変換と保存ができます。リッピング後に画質や音質が変わることがありますが、元のファイルと同じものをパソコンに保存できるのが使いやすい理由です。

MakeMKVには、無料ソフトウェアと有料ソフトウェアの二つのバージョンがあります。 MakeMKVを使用して、DVDおよびAVCHDディスクを自由に変換またはストリーミングできます。Blu-rayディスクの変換またはストリーミングは有料バージョンの機能です。MakeMKVはベータ版として無料で試用できますが、およそ30日ごとに試用期間が切れて使えなくなります。30日間の試用期間中は、有料機能(ブルーレイの変換など)を無料で使用できます。

唯一の制限は有効期限です。もしMakeMKVが気に入って、30日間の試用版の有効期限が切れた後に使用して続けたい場合は、試用期間の延長操作を行う必要があります。

今後も継続していく場合には、MakeMKV keyと呼ばれる認証コードやクーポンコードが必要です。MakeMKV keyの入力によって、試用期間の延長や無制限など利用の幅が広がっていきます。このMakeMKV keyは、2つのタイプに分かれています。1つは無期限で使用できる永久コードで、もう1つは2ヶ月ごとに変わる無料のコードとなり、これを見つけて入力するとさらに使用期間が更新できる仕組みです。

MakeMKV beta keyの入手/更新方法

MakeMKVは非常に便利なソフトですが、定期的にMakeMKV beta keyを入手して公認コードを入力する必要があります。ここでは、MakeMKV beta keyの入手と更新方法を解説します。MakeMKV beta keyには、永久コードと無料のコードがあります

MakeMKV beta keyの永久コードの入手方法

Lifetimeバージョンを購入すると、永久コードが取得できるので1ヶ月に1回のコード入力の手間もありません。公式サイトからダウンロードとインストール済みのMakeMKVを起動して、ヘルプ内の「購入」をクリックすると完了です。

MakeMKV 公認コード

支払いができれば、送られた公認コードをコピーして、ソフトのインターフェースで「ヘルプ」を押してから「公認」をクリックします。コピーしたコードをペーストすれば、認証が完了です。1度購入すると、新たな公認コードは不要となります。

MakeMKV beta keyの無料コードの入手方法

永久コードを購入しない場合、1ヶ月に1度公式サイトから無料の公認コードを探して取得しなければなりません。ここでは、その手順について紹介します。

  1. MakeMKVにアクセスして「News and Announcements」をクリックします。
  2. 1で見つからない場合、検索エンジンから「MakeMKV Key」、「MakeMKV beta Key」などと入力して検索しましょう。
  3. MakeMKV Keyの発行フォーラムを見つけたらアクセスします。
  4. 「Code:Select all」が新しい公認コードです。

MakeMKV beta keyの無料コードの更新方法

step1.MakeMKV公式サイトの「アナウンスページ」を開きます。「MakeMKV is free while in beta」をクリックします。「Code」のところにある文字列を選択&コピーします。

MakeMKV 公認コード 

step2.MakeMKVを起動します。そして「ヘルプ」→「公認」の順でクリックします。入力欄が表示されます。コピーしたコードをペーストしてから「OK」ボタンを押します。

MakeMKV 公認コード 

step3.入力欄が表示されます。コピーしたコードをペーストしてから「OK」ボタンを押します。これで公認ができて、試用期間が30日間延長されます。

以上で試用期間が延長されます。この作業は繰り返してできます。コードは1ヶ月ごとに変更されるので、試用期間が切れるたびにこの操作を行う必要があります。

ただし、月末月初は時差の都合で掲載されている公認コードが認証されない場合があります。どうしてもうまく認証されない場合は翌日にチャレンジということになります。

MakeMKVのすべての機能は、プログラムがベータ版である間は無料です。プログラムが気に入ってサポートを表示したい場合は、完全なアクティベーションキーを購入できますが、一時的なベータキーを使用することもできます。

MakeMKV beta keyの無料コードの自動更新も可能

MakeMKVの公認コードを毎回入力していくことは面倒であり、期限を忘れそうにならないか心配だという場合、自動で公認コードを更新するアプリを使用するのも便利です。公式サイトから「MakeMKVUpdater」というアプリのインストールによって最新の公認コードを自動更新してくれます。更新の手間が省けて便利です。

MakeMKVの使用方法

MakeMKVは、保護されたDVDやブルーレイディスクをそのままバックアップしたり、変換したりすることができます。海外製のソフトですが、日本語化されているので使用するのも簡単です。DVDやブルーレイでも高速で高画質、そのままの音質でリッピングできるため、使用している方も多いでしょう。ここでは、MakeMKVの使用方法を簡単に説明します。

  • 公式サイトから使用しているパソコンに「MakeMKV」をインストールします。
  • インストールしたらリッピングしたいDVDやブルーレイをドライブに入れます。メイン画面に表示されているディスクのアイコンをクリックしてください。1分程度で媒体のデータが読み取れます。
  • そして、リッピングしたいタイトルをチェックします。
  • 字幕や音声もデータにしたい場合はチェックしましょう。出力フォルダーの下にあるオプションからファイルの保存場所を選択します。「MakeMKV」をクリックするとリッピング作業の出力が始まります。

 大まかな手順は上記の通りです。リッピングボタンまたはバックアップボタンが灰色のままでは最新の状態の保護がされているため、リッピングできません。

 

MakeMKVの制限

MakeMKVはWindowsバージョンとMac(OS)バージョンがあります。さらに、Linuxでも利用できるバージョンが提供されます。最新バージョンは1.14.7(Win&Mac)です。

  • OS:Windows XP/ Vista/ Win7 (32bit、64bit)x86
  • Mac OS :X 10.5 以降

もうアップデートが行っていないため、対応できるコピーガードの種類が少なくて、最近発売されたDVDやブルーレイディスクのコピーガードを解除できないことが多いです。

  • 対応プロテクト:AACS と BD+ (CPRMやAVCRECなどには未対応)

それから、出力がMKVの一つしかありませんので、出力した動画ファイルを直接にスマホやタブレットで再生できないこともあります。このようなデバイスで再生するには、またほかのソフトを使って、MP4に変換しなければなりません。

また、高画質になればなるほど、パソコンの用量も圧迫してしまいます。このような場合は、外付けのHDDなどの活用がおすすめです。これによってパソコンのデータ容量を圧迫することがなく、容量に余裕が生まれて快適に使用できます。高画質で多くのDVDやブルーレイでのデータを残したいなら、費用はかかってしまいますが、外付けのHDDなども検討してみましょう。

さらに、多機能な反面、MakeMKVには相性の良くないHD-DVDもあります。相性の悪さによって、本来対応しているはずの字幕やオーディオをオリジナルのまま出力できません。また、最新のブルーレイディスクの場合もバックアップできない可能性があります。相性ばかりは使ってみないとわからない部分も多いので、まずは無料版から試してみるのが良いでしょう。

実際にBlu-ray動画ファイルをリッピングしてみれば、一部のタイトルは変換が失敗してしまって、結局映画の一部の内容が見れなくなってしまいました。すでに開発中止のソフトなので、こういうエラーや問題が起こったとしても、すぐに対応してくれそうもないから、時間を無駄にしないように、DVDFabのようなほかのDVD・BDコピー・リッピングソフトウェアを入手しておいたほうがいいかもしれません。

MakeMKVよりおすすめーDVDFab DVDリッピング

DVDFab DVDリッピングは、20年近くソフトウエア開発を積極的に行っている企業・DVDFab社によって開発されたフォーマット変換ソフトです。多くの実績によって、クオリティーだけでなく安全性の高さも評判となっています。今なら、30日間、全機能無料で体験できます!

  無料ダウンロード Windows 11/10/8.1/8/7
  100%安全(ウィルスチェック済)
  無料ダウンロード macOS 10.10 - 13
  100%安全(ウィルスチェック済)

DVDFabはDVD、ブルーレイなどの動画・音声を処理するソフトウェアです。ブルーレイ リッピングモジュールを使って、ブルーレイ動画ファイルをMKV、MP4、AVIなどの形式に変換することができます。さらに、ほぼすべてのコピーガードを解除できて、傷のあるディスクも問題なく処理できます。

DVDFab DVDリッピングはどこがよりよいのか?

  • 対応OSと対応プロテクト

MakeMKVが古いバージョンしか対応しませんと違い、DVDFab DVDリッピングは最新のバージョン対応できます。OSだけでなく、対応プロテクトも、DVDFab Blu-rayリッピングは、業界最強のコピーガード解除技術 ( Cloud Decryption Service) に基づいて、AACS、BD +、BD-J、リージョンコードなどのあらゆるブルーレイコピーガードを5〜10秒で解除して、新しいバージョンのリリースが待つ必要はなく、最新のブルーレイムービーをすぐに変換してスマホで楽しめます。

  • 変換できる格式

MakeMKVは、高画質でそのままDVDやブルーレイの品質を変えることなく、リッピングできるものです。そのため、保存方法はMKVファイルにしか変換できません。他の媒体で対応できないものもあり、ファイル形式を変換しなければならない場合もあります。ファイル形式を変換する場合は、変換ソフトの使用が必要です。一方のDVDFab DVDリッピングは、MP4、MKV、AVI、MOVなどの1000以上の動画や音声ファイル形式に変換できます。また、Apple、Google、Huawei、Microsoft などの 245 以上のプリセットデバイスを用意しております。機器に適したサイズや形式に変更でき、さらに幅広い動画や音声フォーマットにリッピングでき、動画編集にも適しています。

DVDFab DVDリッピングの使い方

Step1
まず、公式サイトあるいは上記のボタンを押して、DVDFabの最新バージョンを無料ダウンロードして、お使いのパソコンにインストールします。

 

 

 

 

makemkv beta key

Step2
DVDFabのを起動します。上側のツールバーから「リッピング」を選択して、光学ドライブにDVDディスクを挿入します。DVDフォルダ / ISOファイルを使用する場合は、「+」追加ボタンをクリックして、追加しましょう。

 

 makemkv beta key

Step3
DVDの読み込みが完了したら、「他のタイトルを選択」の右側にあるプロファイルライブラリをクリックして、出力プロファイルを選択してください。「詳細設定」や「動画編集」機能を使用して、出力動画をカスタマイズできます。
Step4
最後には、画面下部のフォルダアイコンをクリックして、保存先を指定してから、「開始」ボタンを押します。
 
makemkv beta key
さい
たった4つのパーツで完成するので、他のリッピングソフトよりも本当に簡単です!

DVDFab DVDリッピングの魅力は、子どもから大人まで人気作品の多いディズニー映画は、技術的な保護機能の性能が高く、複雑で難しいガードがされています。このコピーガードはすべてのレンタルDVDなどで使用されていますが、特に強固で有名なのがディズニーです。DVDFab DVDリッピングならコピーガードが厳しいとされているディズニー作品も解除できます。

DVDFab DVDリッピングの無料版と有料版の違い

DVDFab DVDリッピングは、コピーガードが厳しい作品でも自分のパソコンにバックアップできるのが大きな特徴です。簡単に操作できますが、完成度の高さも人気の理由でしょう。そのソフトは、簡単で操作できる無料版と多くの機能を含むプロ有料版があります。続いては、無料版と有料版の違いについてご紹介します。ご自身の必要に応じて、選択しましょう。

makemkv beta key

無料版の特徴

無料版では、MKV/MP4プロファイル限定でリッピングを行うことができ、さらにステレオオーディオの出力、480p解像度のビデオ出力、CPUエンコーディングのサポートができます。ただし、GPUアクセラレーションは使用できません。

有料版の特徴

有料版では、すべての出力プロファイルに対応しているだけでなく、1080p解像度の対応や5.1マルチチャンネルオーディオ、CUDA/AMD/IQS(GPU)アクセラレーションなどにも対応しています。もちろん、最新のコピーガードにも対応しており様々なコピーガードも解除することが可能です。

DVDFab DVDリッピング詳解:「【DVDFabシリーズ詳解!】「DVD コピー」「DVD リッピング」と「DVD 作成」それぞれの違い、どっちを選びます?

まとめ

MakeMKVは無料でDVDやブルーレイをリッピングでき、定期的にコードを入力すると無料期間を長く保てます。また永久コードの取得で公認コードの入力が不要になります。高画質でそのまま保存できま���が、容量が大きくなりがちです。そんな時におすすめなのがDVDFab DVDリッピングです。お試しとして使える無料版もダウンロードできるので、ぜひ、活用してみてください。ブルーレイ リッピングをしたい方は、こちらへ!

その他のDVD リッピングソフトについては、「「2024年更新」最強のDVD リッピングフリーソフト 10選!」をご覧ください。