動画のダウンロードソフトを調べていると目にする「CleverGet」。近年ダウンロード機能に加え録画機能も実装され、パワーアップを続けています。

しかし、ユーザーの多くから「解析できない」「失敗しましたと表示される」「可能なファイルが検出されないと表示される」といった口コミが上がっているのをご存じですか?

本記事では、CleverGetの解析が終わらない、音ズレが発生してしまう、といった方に向けて、CleverGetがダウンロードに失敗してしまったときの原因と対処法を解説します。

一般的なCleverGetのダウンロードできない問題とその修正方法

CleverGet ダウンロード可能なファイルが検出されない

Aサポートサイト確認

ダウンロードしようとしているサイトがサポートされているか確認しましょう。

B CleverGetライセンス認証

  1. 公式サイトからCleverGetをダウンロードして立ち上げます。
  2. 右上のロックアイコンをクリックします。
  3. 空白欄に受け取ったライセンセンスコードを入力して右側の矢印をクリックすれば認証完了です。

C 最新バージョンの確認

ソフトのアップデートでは、さまざまな不具合の修正が行われ、その修正には新しいコピーガードへのサポートも含まれています。コピーガードは常日頃変化しており、動画サイト側でも頻繁に更新がなされています。どうしてもCleverGetで動画の解析ができない場合は、新しいバージョンのリリースを待ちましょう。

インターネットの下り速度を5Mbps以上にする

動画のダウンロードには、一定のインターネットの下り速度が必要です。一般的に、フルHD(1920×1080)の動画ファイルをダウンロードする場合は、5Mbps以上の下り速度が必要とされています。インターネットの下り速度を5Mbps以上にするには、プロバイダーを変更したり、ルーターやケーブルを交換したり、Wi-Fiの周波数帯を2.4GHz帯から5GHz帯に変更したりしましょう。動画をダウンロードする場合は、5GHz帯の方が、下り速度が安定しやすい傾向があります。

PCのメモリが不足している

ダウンロードした動画を保存するためのメモリが不足していると、ダウンロードに失敗してしまいます。処理が進んでいるのに最後まで完了しないときは、メモリを確認してみましょう。

動画をダウンロードできない原因の一つとして、ストレージの空き容量が不足していることが挙げられます。目安としては、フルHD(1920×1080)の動画ファイルをダウンロードする場合、1GB以上のストレージ容量が必要です。不要な写真や動画、アプリを削除してストレージの空き容量を増やし、再度ダウンロードを試してみましょう。

ウイルスソフトがCleverGetをウイルスと認識している

ウイルスソフトは、コンピューターやスマートフォンをウイルスやマルウェアから保護するために、常にバックグラウンドで動作しています。ウイルスソフトは、ダウンロードしたファイルをスキャンして、ウイルスやマルウェアが含まれていないかをチェックしているため、このスキャン処理に時間がかかったり、CPUやメモリを大量に使用したりすることで、動画のダウンロードが遅くなったり、失敗したりすることがあります。

バックグラウンドで動いているウイルスソフトやアドブロックの拡張機能をオフにするのもよい方法です。ただし、CleverGet使用後は必ずオンに設定し直してください。

ソフトウェアのシステムエラーが発生している

ソフトが突然落ちてしまう、クラッシュしてしまう場合は、CleverGetのシステムエラーが発生しているかもしれません。システムエラーとは、ソフトウェアの内部で何らかの不具合が発生している状態のことです。複数の対処法を試してみてもエラーが改善されない場合は、システムエラーを疑ってみましょう。

CleverGetにはブラウザが内蔵されていますが、このブラウザが正しく読み込まれていないと、動画を解析することができません。左上に動画を更新するアイコンがありますので、クリックしてみましょう。

もしくは、「・・・>設定>キャッシュ>キャッシュを削除する>再起動」からソフトを再起動してみるのもおすすめです。

ダウンロードした動画の再生時に音が出ない

問題は再生に使用しているソフトウェアまたはその設定に関連している可能性があります。一般的な提案として、VLCやPlayerFabを使用して動画を再生してみてください。

字幕ダウンロードできない

CleverGetはSRT形式の字幕のみ対応するので、他の形式の字幕はダウンロードできません。

再生時に字幕オプションを有効にする必要があります。一部のプレーヤーは字幕の有効化または無効化をサポートしないか、SRT形式をサポートしていないかもしれません。その場合は、VLCなどの他のプレーヤーを試してみることをお勧めします。

CleverGet でVODサービスでのダウンロードできない問題の修正方法

NetflixやU-NEXT、楽天TVなどの動画ストリーミングサイトでは、規約上動画のダウンロードを禁止しています。そのためCleverGetでダウンロードされないよう、定期的にコピーガードの更新を行うなど仕様変更を行っています。

CleverGetのサポートサイトに明記されていたとしても、サイトの仕様変更が行われれば、昨日ダウンロードできていた動画が今日はダウンロードできない…なんてことも。また、CleverGetで対応できないDRMが掛けられてしまうと、解析ができなくなりダウンロードに失敗してしまいます。

CleverGetでNetflixダウンロードできない場合(2024年2月更新)

2024年1月25日のDRMのアップグレードに伴い、CleverGetを使用してNetflixなどのVODサービスから新しくリリースされた動画をダウンロードする際に、ダウンロードが失敗する問題が発生しました。Google ChromeブラウザではNetflix動画を正常に再生できますが、CleverGetを使用して保存しようとするとブロックされたり、有効な動画URLと認識されなかったりします。

CleverGet ダウンロードできない

最新バージョンに更新しても問題が解決せず、CleverGet公式によれば、修正のための確定した時間はまだありません。

CleverGet ダウンロードできない

この状況では、唯一の解決策は代替ソフトウェアを利用することです。

CleverGetでHuluダウンロードできない場合

まずHulu アカウントからログアウトし、ソフトウェアを再起動してから、Huluアカウントに再ログインして試してみるようにお勧めします。

CleverGetでDMMをダウンロードできない場合

プレミアム会員(有料)限定の動画は登録しないと、ダウンロードできないです。レンタル動画も同じ!

音ズレ発生?CleverGetの代わりにStreamFabオールインワンを使うのがおすすめ

「解析できない」「失敗しましたと表示される」「可能なファイルが検出されないと表示される」こんなときは、代替ソフトを使いましょう。

CleverGetの代替品としておすすめなのが、StreamFabオールインワン。StreamFabオールインワンは20年以上の開発経験を持つ老舗企業が開発したソフトウェアで、ダウンロードのスピードと成功率に定評があります。

 StreamFab オールインワン詳細情報  

YouTubeやAmazonプライムビデオなどの広告をカットしてダウンロードできる、字幕の音声を変更できる、複数の動画をまとめてダウンロードできるなど、まさに「痒いところに手が届く」機能が満載。近年は、独自AI「UniFab」による品質向上機能も追加され、720pでダウンロードした動画を1080pにアップスケーリング、なんてこともできます。

 

CleverGet

StreamFabオールインワン

価格

57,900円(税込)

38,640円(税込)

開発会社

Leawo Software Co., Ltd.

DVDFab Software Inc.

対応サイト数

100以上

1000以上

Android版アプリ

×

(StreamFab for Android)

出力形式

MP4/MKV/M4A

MP4/MKV/MP3/M4A

字幕の保存形式

SRT形式

SRT/SUP形式

DVDヘの書き込み

LEAWO DVD 作成を使えば可能

DVDFab DVD 作成を使えば可能

ブルーレイへの書き込み

LEAWO Blu-ray 作成を使えば可能

DVDFab Blu-ray 作成を使えば可能

スケジュール機能

×

AIによる画質向上

×

動画の解析時間

ダウンロード成功率

音ズレ

無料版でできること

3本まで動画をフルでダウンロード

3本まで動画をフルでダウンロード

対応言語

日本語、英語、フランス語、ドイツ語

日本語、中国語、韓国語、インドネシア語、ヒンディー語、タイ語、フィリピン語、英語、など計24ヶ国語

CleverGetの対応サイトは、StreamFab オールインワンほど多くありません。例えば、

  • Paravi
  • 楽天TV
  • Lemino
  • TELASA
  • WOWOWオンデマンド
  • スポーツブル
  • BSテレ東

などのサイトには非対応であり、Netflixやディズニープラスなどの対応サイトであってもエラーが発生することがあります。

*CleverGetの対応サイトについて詳しく知りたい方は、【徹底解説】CleverGetって本当に安全?使い方・料金・評判などをご覧ください。

CleverGetは、動画の解析に時間がかかったり、解析がエラーになったり、音ズレが発生したり、さまざまな不具合が報告されています。録画機能があるためダウンロードに失敗した場合は録画機能に切り替えればOKですが、やはりダウンロードにこだわりたい方も多いでしょう。

機能としては、近年注目されているAIによるアップスケーリング機能は実装されていません。そのため、解析が360pで行われたら、低画質でも我慢してダウンロードするしかないでしょう。一方StreamFab オールインワンは独自開発のAIエンジンUniFabを搭載しているため、低画質な動画も自動補正して高画質化できます。

 

まとめ

CleverGetは100以上のサイトから動画をダウンロードできる強力なダウンロードソフトです。日本語に対応しており、アイコンベースのUI/UXとなっているため、初心者の方でも使いやすいでしょう。

もしCleverGetでエラーが多発するようでしたら、StreamFabオールインワンを使ってみてください。StreamFabオールインワンは最新のコピーガードが掛けられている動画を1080pの品質でダウンロードできる業界唯一のソフトです。確実性とスピーディーさを兼ね揃えたソフトをお探しの方はぜひお試しください。

  無料ダウンロード Windows 11/10/8.1/8/7
  100%安全(ウィルスチェック済)
  無料ダウンロード macOS 10.10 - 13
  100%安全(ウィルスチェック済)