まずはパソコンに適応なソフトを紹介します。

1. パソコンで動画の明るくする方法

現在、カメラとか、スマホで撮影した動画をパソコンに導入したい時に、画面が暗い場合がよくあります。ここで、動画を明るくするために、WindowsとMacをそれぞれに紹介します。

1.1 VideoCruiseで動画動画を明るくする方法

動画 明るくする

VideoCruise
VideoCruiseは業界最強な動画編集ソフトとして、様々な新しいアイデアを現実にさせ、簡単にプロ級の動画を作成することができます。適切なビデオエディターがあれば誰でも動画編集の世界でイノベーションを起こすことができます。

VideoCruiseは使いやすい、編集の知識がない初心者にも簡単に動画を編集でき、プロの映画製作者にとっても十分強力な動画編集ソフトです。動画、音声、画像すべて処理可能、ほとんどの機能が無料で利用でき、プロフェッショナルな動画変換フリーソフトと言えます。

使い方を三つでまとめます。

(1)新しいプロジェクトを作成し、メディアファイルを追加して編集プロセスを開始する

まずは、「メディア」サブ見出しの下の上部にある「インポート」を選択します。プロジェクトに追加するファイルまたはフォルダーをインポートすることを選択します。動画を選択できます。ファイルをVideoCruiseにインポートし、タイムラインにドラッグして編集を開始します。

動画 明るくする

(2)豊富な機能とツールを使用して動画の画面を編集する

ビデオがタイムラインに追加されたら、編集プロセスを開始する準備ができました。様々なビデオクリップを様々なトラックにドラッグすることができます。その中で、様々な編集ツールにもあります。適応な編集ツールを選びます。そして、ビデオをユニークにして、保存します。

動画 明るくする

(3)動画を出力する

動画の出力効果に満足したら、「出力」ボタンを選択します。そして、プロジェクトに名前を付け、出力フォルダーを選択します。

動画 明るくする

1.2 VideoProc Converterで動画を明るくする

VideoProc Converterは初心者でも簡単に使え、操作性が易しい動画録画ソフトです。もちろん、動画の画面を明るくする編集にもがあります。パソコン操作やウェブカメラの録画に対応できる以外、ゲームのプレイ動画を録画したり、生放送やライブ配信を録画して保存したり、トレーニングしたりして撮影から編集までさまざまな場面を行うことができます。

暗い動画を明るくする方法が以下です。

動画 明るくする

ステップ1: VideoProc Converterのwebサイトで、自分に適応なWindows版かMac版をダウンロードします。インストールした後に、起動します。

動画 明るくする

ステップ2:メニューが表示されたら、「ビデオ」をクリックします。その中に、「+ビデオ」を押します。画面の明るさを調整したいビデオをアップロードして、「ビデオ」編集をクリックします。

動画 明るくする

ステップ3:動画をインポートした後に、動画の詳細情報下の「効果」を探して、クリックします。そして、表示された画面の中で、「明るさ」、「コントラスト」、「彩度」、「色調」、「ガンマ」というような設定があります。これらのデーターを自分が好きな程度に設定します。それから、「完了」ボタンをクリックします。

ステップ4:すべてのデーターを設定した後に、「RUN」というボタンをクリックします。その後、動画の出力が始まります。すべての作業が終わった後に、動画を保存しているフォルダーが自動的に開きます。

VideoProc Converterの特徴をまとめると、

  • 使いやすい
  • 対応OS:WindowsとMac両方対応
  • 対応形式:MP4、FLV、MPG、SWF、VOB、MOV、WMV、AVI、3GP などに対応することができる
  • 言語:日本語、英語、中国語など対応

1.3 BeeCutで動画の画面を明るくする方法について

BeeCutはWindowsとMacのマルチプラットフォームで使用できるツールで、動画の輝度を調整し、動画の補正をしてくれることができます。他には、動画のトリミング、カット、動画の分割・結合、動画再生速度の変更、動画にBGM音楽や字幕の追加など多彩な動画編集機能を提供しています。

動画 明るくする

動画を明るく方法を詳しく説明します。

① ソフトをダウンロードした後に、立ち上げます。

② BeeCutを起動して、動画を追加して「ファイルをインポート」というボタンを押します。

③そして、鉛筆アイコンの「編集」をクリックして、「色補正」タブでは、スライダーを動かして動画の輝度を調整できます。というと、輝度の数値を高くすれば、動画を明るくすることができます。

動画 明るくする

BeeCutの特徴をまとめて:

  • 使いやすい
  • 対応OS:Windows/Mac/Android/iOS
  • 様々な動画編集機能が提供する
  • 世界と共有する:YouTube、Facebook、Instagram、TikTokなどのソーシャルメディアに投稿できます。

1.4 iMovieを利用して、動画の画面を明るくする

iMovieとは、iPhoneやMacをはじめとするApple製品で使用できる動画編集アプリです。Apple製品を持っている人であれば、だれでも無料でiMovieを使用することができます。自身のiPhoneで撮った動画を編集したい、と思ったらすぐ編集できる手軽さも魅力の一つでしょう。

さらにiMovieを使えば、編集の専門知識がなくてもプロさながらの本格的なムービーを作ることができます。iPhoneやiPadであれば、指で操作するだけで、動画を切り取る等の編集することができるため、初心者でも簡単に扱えるのも多くの人に利用されている理由であるといえるでしょう。

動画 明るくする

動画を調整する手順は以下のことです。

①iMovieを開いて、編集したい動画をアップロードします。

②ビューアの上に「色補正」というボタンを押して、コントロール群が表示されます。具体的のは、動画の輝度、コントラスト、ハイライト、サチュレーション、色温度などが出てきます。

③データーを調整した後に、「ファイル」をクリックして、解像度、品質などの設定にも調整することができます。調整が終わった後に、保存します。

動画 明るくする

iMovieの特徴といえば、以下の四つでまとめます。

  • 無料で使える
  • Apple製品との連携にも簡単
  • 直感的な操作が可能になる
  • 映画のようなクオリティの動画が作れる

1.5 Filmoraを使って、動画の暗い画面を調整する方法

Filmoraにも見やすい操作と簡単操作ので、有名な動画編集のソフトの一つです。写真から動画まで、編集の知識が浅くても直感で操作できます。ここで、このソフトを利用して、どのように動画画面の明るさを調整すればいいでしょうか。

動画 明るくする

①まずは、画面が暗い動画をFilmoraにアップロードします。その後、画面の真ん中にメニューを探して、「メディア」ボタンをクリックします。そして、表示された「追加」から「メディアファイルをインポート」を選択します。動画をインポートします。

動画 明るくする

②動画をインポートした後に、タイムラインに動画を挿入します。それから、動画の明るさを調整することができます。タイムラインの上に、動画ファイルをクリックして、「スペイン」のアイコンが表示されていますので、それを押します。

動画 明るくする

③そして、「高度なカラーチューニング」というポップアップが出てきます。メニューから「カラー」ボタンを押します。

Filmoraの特徴をまとめると:

  • WindowsとMac両方支持している
  • 良く使う機能を自動化し「時短で動画編集」できる
  • 動画を瞬時にスタイリング
  • 出力形式:mp4,wmv,avi,mov,f4v,mkv,mpg,3pg,webm,gif,mp3

2. スマホで動画の画面を明るくする方法

時々、スマホで動画を撮影したことにもあります。こういう場合で、スマホの動画の画面が暗い時にもよくあります。ここで、スマホで動画の画面を明るして、動画の彩度を上げる方法を紹介します。

2.1 VivaVideoで動画画面を調整する方法

VivaVideoはiPhone/Android用の動画編集アプリです。基本的なカット編集、BGM音楽の挿入、テキストテロップ、デザインテンプレート、フィルターなどの機能が揃っています。

VivaVideoはカットやトリミング、BGM追加などの基本的な動画編集機能だけでなく、動画を自動編集する機能も搭載したアプリです。写真や動画素材を用意し、テーマを決めるだけで自動編集してくれるので、初心者でも簡単にイケてる動画を作れます。

「動画を自動編集する機能」自体は、他のアプリでも備わっているものもありますが、中でもVivaVideoは群を抜いてセンスがいいのでおすすめ! どのテーマもトランジションやアニメーションが凝っており、自動で動画編集したとは思えないほどの出来映えです。

使用方法は以下のようで説明します。

①まず、「作成」画面の「編集」ボタンを押します。

動画 明るくする

②そして、スマホで表示された動画の中で、編集したい動画を選択します

③選択した動画があったら、その動画に数字で順番が付きます。画面の右下の「つぎ」を押します。

③アプリの編集画面が表示されています。画面の下にあるのが動画を編集するタイムラインです。タイムラインには先ほど選択した動画を挿入されています。

動画 明るくする

2.2 Adobe Premiere Rushを使用して画面を明るくする方法について

Premiere Rush は、複数のデバイスに対応するオールインワン編集ツールであり、iOS、Mac、Windows、Android で動作します。外出先でプロ並みのビデオコンテンツを作成し、ソーシャルチャネル全体に共有できます。カラー、オーディオ、モーショングラフィックスなどのシンプルなツールが含まれています。無料のスタータープランをお試しください。 詳しくは、以下を参照してください。

①スマホのアプリストアで Adobe Premiere Rushを検索して、ダウンロードします。

②ダウンロードした後に、起動します。アプリの「新規プロジェクトを作成」を押します。

③下に出た「メディアを追加」、「ビデオまたは写真を撮影」を選びます。

動画 明るくする

④そして、メニューで表示された「ビデオ」を選択し、編集したい動画をアップロードします。

⑤編集する動画を開いたら、下部の「カラー」を押して、画面の明るさを調整することができます。

動画 明るくする

3. まとめ

以上のことで、PCとかスマホとか、動画の画面を調整することができます。デバイスの違いにより、様々な方法が提供しています。そして、今回、各ソフトの特徴にも詳しくあげています。これらの様々の方法の中で、自分のデバイスに応じて、適応な方法を探した方がいいと思います。

今後、暗いところで撮影した動画を廃棄しないでください。上で紹介した方法で動画の画面を明るくして見ましょう!