動画の画質をあげるソフトはいくつかあります。荒い画質や低解像度など、画質の悪い動画をよくみせるように動画を加工する場合に動画 高画質化用のツールが必要です。動画の素材の質は動画品質を決める要因の一つです。オリジナル動画素材はあまり鮮明ではない場合は、通常の動画 高画質化ツールで画質を鮮明化する程度が限られていますが、AIテクノロジーを利用すれば動画画質を本格的に上げることができます。

技術影響で多くの昔のDVDムービーの画質もよくありません。また、YouTubeで動画を見るのが便利ですがYouTube動画の画質は決して良いと言えません。特にネットワークが不安定の場合、再生スピードによって、動画画質が下がり、はっきり見えない場合は多いです。この記事で、オリジナル動画画質が良くなくても本格的に動画画質を上げるソフトを紹介します。

パート1:動画の画質をあげる最強ソフト【無料利用可能】

一部の動画画質向上用のフリーソフトはシャープ機能、コントラストなどによって動画画質を向上できますが、無料なソフトは上がられる画質の程度は限られています。本格的に動画画質を上げるには、より高級なソフトが必要です。

ここで、世界初のAI搭載ビデオアップスケーリングソリューションとしてのUniFab 動画高画質化 AIをお勧めします。無料お試し可能な動画の高画質化ソフトです。

動画の画質をあげるソフト~UniFab 動画拡大 AI

UniFab 動画高画質化 AIの最大のセールスポイントは世界初のAI搭載の深度学習機能があるところです。TensorFlowフレームワークに基づいて、UniFab 動画高画質化 AIはニューラルネットワークを使用して数百万の映画や番組を勉強して分析しました。これからもこのソフト自体の進化によりきっとより素晴らしいビデオを提供できます。

下記のボタンを押して、 30日間全機能無料で体験してみてみましょう!

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証
 

UniFab 動画高画質化 AIは、超解像度復元技術の採用、ビデオ画像の拡大、細部補正を特徴とします。

  • 超解像度復元技術による古い映画の復元

この機能は特に古い記念ビデオを高画質化にしたい人に適用されます。超解像復元技術によってビデオの解像度を上げられ、鮮明度を大幅いに向上でき、より素敵な鑑賞体験を提供します。

  • 動画画面を最大3倍拡大

AIエンジンはニューラルネットワーク技術を使用して、画像のピクセルを分析して、完全に同じなもので充填しますから、サイズは300%拡大されましたが、画像もぼやけたりゆがんだりはしません。画像質を保証するうえでサイズを拡大します。

  • 豊富なディーテル、リアルなカラー再現

UniFab 動画高画質化 AIは複雑で強力な計算力を通じて、画像の細部はリアルで完璧になります。オリジナルビデオより、出力したビデオは人の表情や、木のひびなどもより鮮明に見えます。

ご注意:
1.UniFab 動画高画質化 AIは最高の品質を求めますから、必要な動画環境として、3GB以上の利用可能なメモリとNvidia 750Ti(GPU Compute 3.5)以上2GB以上のVRAMを必要とします。グラフィックカードは対応しているかどうかはUniFab 動画高画質化 AIのホームページで確認できます。
2. この動画画質を鮮明化するソフトは現在Windows OSしか対応せず、mac OSに対応しません。

以下、UniFab 動画高画質化 AIで動画画質を上げる操作手順です。

ステップ1:UniFab 動画高画質化 AIをダウンロードして起動し、「Enlarger」モードに移動し、真ん中の「+」をクリックしてソース動画をロードしてください。

ステップ2:動画を読み込んだら、詳細情報が表示されます。画質オプションで画質を選んでください。例えば、ここでロードされた動画を1080P動画にします。そして、保存先を確認したら「開始」をクリックしてください。すると、UniFab 動画高画質化 AIが自動的に作業を始めます。

これで、ビデオで上記のステップで動画の画質をあげる簡単にできます!

パート2:動画の画質をあげるフリーソフト

ここでは、シャープ機能、コントラストなどによって動画画質を向上できるフリーソフトをまとめてご紹介します。

動画の高画質化ソフト~vReveal

この無料の動画高画質化ソフトは、「ワンクリックフィックス」(おまかせ補正)機能によって、動画の揺れ、暗さ、ノイズ、不明瞭さをすぐ取り除きます。拡張機能は、インターレース解除、手振れ補正、シャープ、自動ホワイトバランス補正、ノイズ除去などができます。なお、スペシャルエフェクトには、白黒、セピア、鮮明化、輝度強調、粒子、ピンテージがあります。微調整も可能です。低画質の動画にいろいろ変更を加えた後、悪画質のビデオを高画質化できます。

動画の高解像度化ソフト~AviUtl

Windows対応の完全無料な動画高画質化ソフトです。デフォルトでAVI、JPG、WAVしか読み込めなく、AVI動画しか出力しません。AviUtlを使ってインターレース解除や画質補正、色調補正、ノイズ除去等の処理を行うことができ、また、ビデオにテキスト、モザイク、トランジション効果などを追加する編集機能も付いています。AviUtlの使い方が面倒くさい点はデメリットです。

動画の高画質化ソフト~Video Enhancer

Video Enhancer(ビデオ エンハンサー)は動画 画質をあげるソフトとして、低解像度の動画画像を高解像度の画像に変換することができます。この動画画質向上用のソフトにより、動画の画質を上げて動画を高解像度化するための「Simpleモード」と色補正、画像安定化、鮮鋭化、ノイズ除去などで動画の画像品質を向上するための「Advancedモード」2つのモードで動画の画質を良くします。このソフトは完全無料ではなく、30日の無料お試し可能だけです。

動画の画質をあげるソフト~Avidemux

多形式に対応しする無料な動画画質向上用のソフトです。ノイズ除去、シャープ、ぼかし、明るさ補正、色調補正などの画質を向上する機能を備えています。ただし、対応するシステムはVista/7/8/10です。利用する時、この動画画質向上フリーソフトを日本語化にしてください。

パート3:動画画質を上げるに関する知識

動画画質を上げる前に動画画質に影響を及ぼす要素を知るべきだと思います。

  • 動画画質に影響を及ぼす要素:ビットレート、解像度、フレームレート、彩度、明るさ(明度)、コントラスト、動画フォーマットなど
  • 動画画質を上げる手段:シャープネスの補正、解像度復元、ビデオ画像の拡大、細部補正、ぶれ補正、ケラレ補正、フィルター効果の適用、明度/彩度/色調/コントラストなどのパラメーター調整などが挙げられます。

シャープネスの補正
画像の輪郭を補正し、画像のエッジとグレースケールの遷移部分を強調するようにします。
動画をシャープにするおすすめのソフト:DVDFab Toolkit
具体的な使い方について、ビデオ画面をシャープにする方法を参照してください。

解像度復元
ビデオを低解像度(例えば480p)からFull HD(1080p)に向上しする技術、ビデオの鮮明度も大幅に向上します。一般的なソフトによってただ解像度を上げるだけでビデオ画質を向上することができません、ビデオの鮮明度やサイズ、色彩などいろいろな調整が必要です。古いDVDムービーの復元に適用されます。
解像度復元できるおすすめのソフト:UniFab 動画高画質化 AI

ビデオ画像の拡大&細部補正
ビデオ画像を大きくすることによって動画画質を向上するソフトが多くではありません。簡単に画像を拡大するだけでビデオ画質を向上できませんからです。一部のソフト、例えば上記のDVDFab Enlarger AIはAIアルゴリズムに基づき、細部を修復するとともに画像を拡大します。ぼやけないし、ゆがみも防ぎます。

ぶれ補正
カメラで撮影されたビデオのブレ問題を補正します。

ケラレ補正
画像処理などの分野において活用されるキーワードです。シーンを均一な明るさで見ると、画面の隅が暗くなる現象をケラレと呼びます。この現象について補正する技術です。

フィルター効果の適用
フィルター効果は、主に画像の様々な特殊効果を実現するために使用され、画像をもっと綺麗に見えます。

明度/彩度/色調/コントラストなどのパラメーター調整

  • 明度―色の明るさの度合いであり、色の三属性(色相・明度・彩度)の一つです。
  • 彩度―色の鮮やかさの度合いであり、高ければ高いほど目を惹く効果があります。
  • 色調―色の明暗、濃淡といった色の度合いや違いを言います。
  • コントラスト―色/トーン/形などの違いで、視覚効果やイメージなどに役立てられます。明暗の差が大きいほどコントラストが強いです。

まとめ

以上、PCで世界初のAI搭載技術によって動画画質を良くするソフト・UniFab 動画高画質化 AIを紹介しました。また、ブレ補正や明るさ、コントラストなどのパラメータ調整、シープネス補正などの程度の動画画質を鮮明化するアプリは少なくないですが、動画拡大 AIみたいに本格的に動画画質を上げるアプリはまだ少ないと思います。