MakeMKV Betaの必要性

DVDやCD、ブルーレイなどの媒体に保存された動画をレンタルして楽しむ人は多いです。それらのデジタルデータを、できるならほかの媒体に保存して、いつでも楽しめるようにしたいと考える人もいます。しかし、一般的なDVDやCD、ブルーレイなどの媒体に保存されているデジタルデータを複製することはできません。

デジタルデータの著作権を保護するために、専用の保護システムが仕組まれているため、複製コピーするこ都ができなくなっているからです。この保護システムを取り外して、複製コピーを作り出すことをリッピングといいます。リッピングは、リッピングソフトがなければできません。MakeMKV Betaは、それらのリッピングソフトのひとつで��。

makemkv beta1

動画や音楽などを、より自由に楽しむために、MakeMKV Betaは必要とされています。

MakeMKV Betaとは

リッピングすることができるソフトウェアは、多種多様に存在しています。それらのソフトウェアの中でも、MakeMKV Betaは特に評価が高いソフトウェアといえるでしょう。

MakeMKV Betaは、DVD、ブルーレイなどのデジタルデータをMKVファイルに変換して保存するソフトウェアです。MKV形式のファイルは、ロシアで開発された形式ですが、画質などの品質が非常に高く、高品質のデジタルデータを楽しめる形式として世界的に人気があります。

MakeMKV Betaのメリット:

① MakeMKV Betaは、海外製ソフトウェアですが、対応言語の中に日本語が含まれているので、英語に疎い人でも使い方で戸惑うことはありません。

➁ MakeMKV Betaは、DVDをはじめとしてブルーレイやUHD、AVCHDディスク、DVDとブルーレイディスク、HD-DVDファイルなどあらゆるデジタルデータに対応できる点が特長です。

③ MakeMKV Betaは、高画質を保ったまま、かつ高速でリッピングできるので、時間を無駄にすることもありません。また、オリジナルのオーディオやビデオに字幕トラックなどもそのまま保持することができます。 ④ 対応するOSも、WindowsにmacOSとLinuxと幅広いです。

⑤ さらに、複雑な設定をする必要がなく、わかりやすい操作画面で手間がないので、リッピング作業の初心者であっても簡単に作業できます。

⑥ MakeMKV Betaの大きな特徴は、無料で使用できる点です。多くのリッピングソフトは、有料ですが、MakeMKV Betaは、DVDならば無料で変換でき、ブルーレイに関してもおよそ30日間は無料で変換できます。無料期間を過ぎても、公認コード(current key)を購入すれば、引き続き使用可能です。リッピング作業を試したい人、使用感を試したい人にとっては、非常にありがたいソフトウェアといえるでしょう。

MakeMKV Betaのインストール

MakeMKV Betaを使用するためには、まずソフトウェアをインストールしなければなりません。 まず、MakeMKVの公式サイトへとアクセスします。サイトは英語で書かれていますが、インストール作業自体は一般的な作業と変わらないので、特別な作業は必要ありません。サイト内で最新版のMakeMKV Betaを見つけて、ダウンロードし、コンピューターへの変更を許可して実行をクリックします。

makemkv beta インストール

インストールする際に、使用言語を選択する画面が現れるので、「日本語」を選択すれば、日本語で使用することが可能です。

makemkv beta インストール

おおよその場合は、もともと日本語が選択画面になっているので、変更せずにそのまま「次へ」をクリックして問題ありません。

makemkv beta インストール

「このライセンス契約書に同意します」をチェックして、「次へ」を押します。

makemkv beta インストール

「次へ」を押します。

makemkv beta インストール

インストール先を決め、「次へ」を押します。

makemkv beta インストール

「インストール」を押します。

makemkv beta1

インストールが完了すれば、「次へ」>「完了」を押します。MakeMKVが起動します。

makemkv beta1

makemkv beta1

もし、インストールできない場合は、セキュリティソフトではじかれている可能性があるので、いったんセキュリティをオフにした後で、再度インストールしてみるとよいでしょう。また、MakeMKV Betaは、およそ120MBと容量が大きいので、あらかじめ空きがあるか確認してから作業を行う必要があります。

MakeMKV Betaの使い方

MakeMKV Betaの使い方は、難しくありません。初心者でも簡単に作業できる画面となっているので、専門言語を覚える必要もないでしょう。使い方は大きく二通りに分かれます。 ひとつが、DVDやブルーレイをMKVファイルに変換する方法で、もうひとつがブルーレイをHDDに丸ごとバックアップする方法です。リッピングしたデジタルデータを使用するのがパソコンならば、MKVファイルに変換するほうが使い勝手が良いですが、ほかの媒体で使用する際には丸ごとバックアップするほうが良いでしょう。

#DVDやブルーレイをMKVファイルに変換する方法

まず、MakeMKV Betaをダブルクリックして起動します。リッピングしたいDVDやブルーレイをドライブに挿入して、画面下の「DVDディスク」のアイコンをクリックすれば、自動的にドライブのスキャンが開始されます。

makemkv beta1

スキャンが終了すれば、ディスクのタイトルやチャプター、容量などの詳細情報が表示されるでしょう。リッピングしたいタイトルをにチェックを入れたあと、必要となる字幕や音声などにもチェックを入れます。 「出力フォルダー」から、リッピング先のフォルダを選択し、「MakeMKV」ボタンをクリックすれば、リッピング作業の開始です。すべてのファイルをリッピングしたい場合には、チェック項目をつけずに、そのまま「MakeMKV」をクリックします。

makemkv 変換

なお、スキャンした情報欄のリッピングボタンやバックアップボタンが灰色の場合は、リッピングはできません。保護システムが最新のため、作業ができないということです。リッピング作業には少々時間がかかるので、終了まで待ちます。ブルーレイディスクの映画でおよそ1時間30程かかるでしょう。作業終了後に、出力先のフォルダを確認して終了です。

#ブルーレイを丸ごとバックアップする方法

MakeMKVは、Blu-rayディスクのAACSとBD +の両方のコピーガードを解除して、ハードドライブ上に保存されるバックアップを作成できます。

残念ですが、DVDの丸ごとバックアップはサポートされていません。

以下では、MakeMKV Betaを使用して、Blu-rayディスクをバックアップする方法を紹介します。 MakeMKV Betaを起動し、リッピングしたいブルーレイディスクをドライブに挿入します。ディスクが成功に読み込まれた後、「ファイル」の下にある「バックアップ」のアイコンをクリックします。

makemkv beta blu-ray

「ビデオファイルを復合」にチェックを入れて、出力先のフォルダを選択して、「OK」をクリックすれば、作業開始です。

makemkv beta backup

終了まで待ち、「バックアップ完了」を確認して終了です。

makemkv beta ブルーレイバックアップ

MakeMKV Betaで作成したファイルの変換

MakeMKVでは、MKVファイルにしか変換できません。パソコンではそのままの形式で問題ありませんが、ほかの媒体では対応していないこともあるので、ファイル形式を変換する必要があります。変換するにはオンライン上の変換サイトを使用するか、変換ソフトを活用すればよいです。

MakeMKV Betaの公認コードの取得

MakeMKV Betaを使用し続けるには、無料期間が終了した後にMakeMKV Beta Keyや公認コード、Current keyとも呼ばれている公認キーを購入しなければなりません。公認コードを購入するには、Googleやファイアフォックスで「MakeMKV Beta Key」と検索して、配布サイトにアクセスします。

makemkv beta current key

最新の公認コードは、およそ2ヶ月ごとに更新されるので、その都度購入しなければなりません。なお、永久コードを購入すれば、購入しなくても良いです。永久コードは、MakeMKV Betaを起動し、「ヘルプ」、「購入」をクリックすることで、購入できます。

MakeMKV Betaの公認コードの更新

公認コードの更新作業を行わなければ、2ヶ月後には使用できなくなります。まず、公式配布サイトへとアクセスし、最新のコードをコピーします。MakeMKV Betaを起動し、「ヘルプ」、そして「公認」をクリックすることで現れる入力ボックスにペーストし、「OK」をクリックします。

makemkv beta key(1)

「MakeMKVベータポップアップ画面:どうもありがとうございます。MakeMKVの次回起動時に変更が有効となります」と表示されるので、再起動して終了です。2ヶ月ごとの更新作業が面倒な場合には、自動更新でも問題ありません。公式配布サイトにある、自動で更新のアプリケーションをインストールすればよいでしょう。

MakeMKVでリッピングできない?DVDFabを使ってみよう

DVDFab オールインワンは、DVD、Blu-ray、および4K UHD Blu-rayのリッピング、コピー、作成、変換などの製品を提供しております。また、動画編集や変換、データのバックアップ、リカバリーなどもサポートしています。

DVDFabのリッピング製品は最新のコピーガードでも解除でき、DVDやBlu-rayを簡単に動画や音声ファイル形式に変換できます。

DVDFabのすべての機能を30日間無料体験ができます。

以下のボタンをクリックして、DVDFabをダウンロードして試用してみましょう。

  無料ダウンロード Windows 11/10/8.1/8/7
  100%安全(ウィルスチェック済)
  無料ダウンロード macOS 10.10 - 13
  100%安全(ウィルスチェック済)

以下は、DVDFabを使って、DVD/Blu-rayをリッピングする手順です。

ステップ1:DVDFabを起動して、DVD/Blu-rayを読み込む

DVDFabをダウンロードしてパソコンにインストールしてから起動します。上側の「リッピング」をクリックして、光学ドライブからDVD/Blu-rayディスクを挿入します。または、ISOファイル、DVD/Blu-rayフォルダをリッピングする場合は、中央における「+」をクリックして追加します。

ステップ2:出力動画形式を選択する

「他のタイトルを選択」の横にあるオプションをクリックして、「他のプロファイルを選択」を選択します。「フォーマット」>「ビデオ」>「一般」からMP4など必要な動画形式を選択します。「デバイス」から各ブランドの機種を確認してiPadなど対応の動画形式を選択できます。

ステップ3:出力動画を設定する

メイン画面でタイトル、チャプター、オーディオ、字幕などを設定できます。また、レンチアイコン/ペンアイコンをクリックするとそれぞれ「詳細設定」又は「動画編集」パネルを開きます。

詳細設定パネルで、解像度やフレームレート、字幕設定など色々設定できます。

動画編集パネルで、動画のトリミングやサイズ変更、アスペクト比調整、テキスト/画像/字幕追加などいろいろ編集できます。

ステップ4:保存先を決めて、変換処理を開始する

下部のフォルダのアイコンをクリックして保存先を決めてから、「開始」ボタンをクリックして、リッピング処理を開始します。

まとめ

この記事では、MakeMKV Betaのインストール、MakeMKV Betaの使い方 、MakeMKV Betaの公認コードの取得方法及びMakeMKVでリッピングできない際の代替ソフト-DVDFabを紹介しました。MakeMKVは人気のあるDVD / Blu-rayリッピングソフトウェアであり、最新のキーを持っていることはソフトウェアの正常な動作に不可欠です。MakeMKVを無料で利用したい方はぜひこの記事をご参照ください。