Avidemuxを使ったことがありますか?Avidemuxの使い方についてどう思いますか?ぼかしや、ノイズ除去、鮮鋭化、字幕追加、拡大/縮小など様々な機能があるソフトです。

動画編集ソフトを使えば、ウォーターマークや試用制限を気にすることなく、YouTubeやInstagram、Facebookなどに投稿できる完璧なクリップを作ることができます。
ご存知のように、無料の動画編集ソフトはいくつかありますが、どんなに優れたフリーウェアでも、プレミアムな動画編集ソフトが提供する機能にはかないません。したがって、最高の結果と優れたリソースを求め、フリーウェアにつきもののフラストレーションを回避したいのであれば、まずプレミアムパッケージを検討することを強くお勧めします。

Avidemux

Avidemuxは、マルチメディアファイルのノンリニアビデオ編集およびトランスコーディング用の無料のオープンソースソフトウェアビルドです。基本的なビデオ処理タスクを実行できます。露出調整、フレームトリミング、トリミング、再シーケンス、MP3編集、サウンドエフェクトの追加などの基本的な機能のほとんどを提供します。さまざまなコーデックを使用して、AVI、DVD、互換性のあるMPEGファイル、MP4などのいくつかの基本的なファイルタイプをサポートします。

Avidemuxは、それ自体で読み取り、エンコード、およびデコードの作業を行います。入力と出力の両方で次の形式をサポートします。
•オーディオビデオインターリーブ
•フラッシュビデオ
•Matroska
•OGM
•DVDビデオ
•WebM
•MPEGプログラムストリーム
AvidemuxはWindows、OS、Linux、BSDをサポートしています。リリースされた最新バージョンは2.7.8です。

Avidemuxのダウンロード

「https://freesoft-100.com/download/avidemux/」にアクセスしてダウンロードします。そして、セットアップファイル(avidemux_2.7.8_win32.exe または avidemux_2.7.8_win64.exe)からパソコンにインストールします。

Avidemuxを日本語化する

1.TiltStr::不定期版サイト(http://tiltstr.seesaa.net/article/36217139.html)へアクセスし、「ver.2.7.8」の右の「Download」ボタンをクリックしてダウンロードします。
2.ダウンロードしたzipファイルを解凍します。
3.解凍して出てきた「avidemux_ja.qm」を、「Avidemux」のインストールフォルダ内の「qt5」 → 「i18n」フォルダ内に上書きコピーします。
4.Avidemuxを起動して日本語になっていたらOK,日本語になっていない場合は、[ Language ] で 「System language」を選択してから「OK」を押します。

Avidemuxを日本語化

Avidemuxの使い方

1.Avidemuxを立ち上げ、メイン画面にあるメニューバーの上の「ファイル」→「開く」を通じて、編集したい動画を読み込みます。
2.素材によっては、「H.264 を検出」、「VBR タイムマップを作成しますか?」などのダイアログが表示されますが、必要に応じて「はい」を選択してください。
3.次は、ファイル結合や、音声抽出、動画切り捨て、圧縮などいろいろな作業をすればいいです。

Avidemuxは無料で利用できるビデオエディターですが、時には編集したファイルに音ずれや、音が出ない問題などがあります。その時は、VideoCruiseを強くお勧めします。なぜかというと、編集機能が非常に強いソフトであり、ほとんどの機能が無料で利用できるからです。

VideoCruise

Avidemuxの代替

VideoCruiseは、ビデオ、オーディオ、画像から驚くべきビデオやムービークリップを作成し、探索するのに役立つ機能満載のビデオ編集ソフトウェアです。それはあな��があなたのアイデアと創造性をスクリーンにもたらすことを可能にします。初心者でも理解しやすく、フィルター、音楽、テキスト、オーバーレイ、テンプレート、トランジション、簡単にアクセスできる要素など、すべての編集機能とクリエイティブな効果を提供します。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証
 

この革新的なソフトウェアは、高度なビデオ編集プロジェクトを実行する自由と能力をユーザーに提供する膨大なツールで構成されています。ビデオの元のフレームをトリミングしたり、ビデオを小さなスニペットに分割したり、ビデオを水平方向と垂直方向に反転したりして、ビデオの回転を可能にする機能を提供します。また、カットせずに継続時間を設定したり、特殊効果のためにビデオやオーディオの速度を調整したりする機能も提供します。2番目の画面をチュートリアルビデオの画像に統合すると同時に、緑色の画面で撮影する人のためにポストプロダクションを行うこともできます。

Avidemuxの代替

Avidemuxの代替

VideoCruiseは、究極の自由を与えることにより、編集者が創造的になるのを助けます。ユーザーは、フィルター、オーバーレイ、テキスト効果、またはトランジションの大きさから選択できる膨大な選択肢を持っています。簡単なドラッグアンドドロップ機能は、ビデオ編集者がビデオにサウンドトラックを追加することを選択するのに役立ちます。ユーザーは、録音することにより、ソフトウェア内で直接独自のナレーションを使用することもできます。また、音声合成または音声合成の自動変換機能が組み込まれています。

VideoCruiseの他のいくつかの機能:
• さまざまなフィルター、トランジション、オーバーレイ、およびテキスト機能。
• サウンドクリップ、音声録音を追加するか、人間の声を強調して、それらをよりクリアに聞こえるようにします。
• より良い編集のための特定のタイプの多機能トラック。
• さまざまな形式や比率などでビデオをエクスポートします。


 
それは多くのフォーマットをサポートします:
• 画像形式-bmp、jpg、png、gif、tiff、heicなど。
• ビデオフォーマット-avi、mpeg、wmv、mp4、movなど。
• オーディオ形式-wav、mp3、m4a、mid、flac、aac、wma、au、aiff、oggなど。

システム要件:
• Windows10 / 8.1 / 8/7(32/64)
• Inteli3以降
• 4GB以上のRAM
• 40GB以上のハードディスクの空き容量 

サポートされているデバイス:
• WMVビデオ再生用のWindows Media Player11以降。
• DirectX:Microsoft DirectX9.0c以降のバージョン。
• 30日間の試用期間があり、その後は1年間59.99ドルの有料プランを購入する必要があります。 • 30日間の返金保証もあり。 100%安全でクリーン。
• 48時間のカスタマーサービスを提供。
• 年間50回以上の更新を受け取ります。

AvidemuxとVideoCruiseの比較

前に言ったように、一流の無料編集ソフトウェアでさえ、プレミアムビデオエディタツールと比較し始めることはできません。しかし、それでもここに2つの簡単な比較があります。

Avidemux:
1.ビデオ編集の基本機能のみを提供します。
2.機能の制限により、クリエイティブな編集の余地はありません。
3.文字起こしまたは音声読み上げの自動変換は利用できません。
4.ドラッグアンドドロップ機能はありません。
5.無料で提供されます。
6.編集したファイルに音が出ない、カットできないなどの問題が多い。

VideoCruise:
1.基本から高度までビデオ編集に必要なすべての機能を提供します。
2.スムーズに利用でき、使い方も超分かりやすい。
3.テキスト読み上げおよび音声読み上げの自動化機能を備えています。
4.また、エフェクトを簡単に配置できるドラッグアンドドロップ機能も付属しています。
5.プレミアムビデオエディタですが、30日間の返金保証が付いています。
6.ほとんどの機能が無料です。一部の機能と素材だけ有料になります。
7.動画変換機能も備えます。
8.動画素材を除き、画像や音声も対応可能、字幕制作や、GIF作成・変換もできます。

結論

ビデオ編集を正しく使用することで、誰でも自分のブランドを強化できます。そして、完全に編集されたビデオには、完全なビデオ編集ソフトウェアが必要になります。VideoCruiseがAvidemuxよりもはるかに使いやすい。高度な編集機能、カスタマーサポート、アップデート、および理想的なビデオ編集ソフトウェアに不可欠なその他すべての点で、VideoCruiseはAvidemuxを凌駕しています。 1つの編集ソフトウェアですべてのニーズを満たすVideoCruiseを使用することを強くお勧めします。Audacity、LosslessCutにも興味があれば、Audacityの使い方と使えない時の対策LosslessCut~無劣化でカット編集!超高速な切り出しフリーソフトを参照してください