Video DownloadHelperの概要

Video DownloadHelperは、Webブラウザに拡張して使える動画ダウンロード機能です。ChromeやFirefoxといった人気ブラウザにアドオンして使うことが可能です。Youtubeやニコニコ動画などで配信される動画番組を最短2クリックでダウンロード出来る点が人気となっています。

Video DownloadHelper2019は、インターネット上の動画をダウンロードして、形式の変換を行えるアプリです。最近ではYouTubeをはじめとして、多くの動画プラットフォームがあります。

動画をダウンロードする際に、指定のファイル形式へと変換出来る機能が搭載されています。例えば、大きめなサイズになるAVI形式で配信されている動画をスマートフォンでも快適に視聴できるMP4形式へと変換することが可能です。

まずはVideo DownloadHelper2019の機能を、簡単に紹介していきます。Video DownloadHelper2019は、FirefoxやChromeブラウザに対応している拡張機能です。

ご注意:ChromeのVideo DownloadHelperアドオンでYoutubeの動画をダウンロードできません。

フル機能を使うにはライセンス購入が必要

Video DownloadHelperのフル機能を使うためには、ライセンスを購入する必要があります。無料でVideo DownloadHelperを使っていると、いくつかの制限が存在しています。

  • ダウンロードした動画の中に識別用のQRコードが含まれてしまいます。
  • 2時間に1回しか動画をダウンロード出来ません。
  • 動画形式を変換する機能にも制限が設けられます。

Video DownloadHelperを使う方の中には、休みの日に動画のダウンロードを行ない、通勤時に視聴出来る動画を揃えようと考える方もいるものです。ライセンスを購入しないで使っていると、1日でダウンロードが終わらなかったり、動画サイズが大きいままだったりといった問題が生じてしまいます。

だから、ストレスなく、オリジナル動画と同じ様に、鮮明な画質で動画をダウンロードするためには、ライセンスの購入を検討しておいた方が良いのです。

有料ライセンスは利用できる機能

  • 変換された動画にあるQRコードが除去されます。
  • 動画を直接mp3オーディオファイルに変換できるようになります。
  • 変換機能のサポートが受けられます。
  • HLSのダウンロードに制限はありません。

Video DownloadHelperのライセンスを購入する方法

Video DownloadHelperのアイコンをクリックして、設定のアイコンをクリックします。

『全般』>『ライセンス未設定』>『変換のライセンスを取得する』を選択します。

ユーロまたは米ドルでライセンスを購入できます。Visa、マスターカード、アメリカンエキスプレスクレジットカードでの支払いがサポートされています。

Video DownloadHelperの使い方

Video DownloadHelperのインストール方法(ChromeとFirefox)

Video DownloadHelperを使うには、動画を視聴するブラウザに機能をインストールする必要があります。同ソフトが対応しているブラウザには、ChromeとFirefoxがあります。他のアドオンソフトの追加と同様な手順で、Video DownloadHelperを導入することが可能です。

1、Google Chrome

ChromeにVideo DownloadHelperをインストールする際には、同製品が掲載されているChromeウエブストアを訪ねることから始めます。

Chromeウエブストアの検索欄の中に、『Video DownloadHelper』をキーワードとして入れ、Enterを押します。検索結果の下にあるVideo DownloadHelper拡張機能を見つけてクリックします。

ダウンロードページに移った後、右上に表示されている『Chromeに追加』ボタンを押下していきます。

ボタン押下後に、Video DownloadHelperを追加するかを確認するダイアログが表示されていきます。アクセス可能な権限を確認した後、『拡張機能を追加』ボタンを押下していきましょう。

インストール作業が進み、しばらくすると完了画面が表示されます。画面上にエラー項目が表示されていなければ、インストールは完了です。Video DownloadHelperのアイコンがアドレスバーの右側に表示されます。

2、Firefox

FirefoxにVideo DownloadHelperをインストールする際は、Firefoxアドオン公式サイト内からVideo DownloadHelperを探すことから始めていきます。

Firefoxブラウザの右上にあるメニューボタンをクリックして、『拡張機能とテーマ』アを選択します。アドオンマネージャーのタブが開きます。

上側の『アドオンを探す』にVideo DownloadHelperを入力して検索します。

検索結果からVideo DownloadHelperを選択します。

次の画面で『Firefoxへ追加』ボタンを押します。

表示された画面で『追加』ボタンを押下していきましょう。

ボタン押下後、インストールが完了した旨を表示するポップアップが画面右上に表示されます。メッセージを確認した後、問題が無いと感じた場合には、『OK』を押下してインストールを完了させます。

Video DownloadHelperを快適に使うためには日本語化が必須!

Video DownloadHelperを快適に使うためには日本語化を行うことが欠かせません。Video DownloadHelperは、インストールした段階で日本語化も同時に行います。殆���のケースでは、セットアップを進めるにあたって、日本語化を意識する必要はありません。Video DownloadHelperを使っていて、日本語表記が行われていないと感じた場合には、別途日本語化を行う必要があります。

同ソフトを日本語化する際には、Chrome/Forefoxの言語設定を使って実施していきます。オプションメニューにあるLanguage項目を選択して日本語化を進める形を取ります。

コンパニオンアプリの導入を忘れないことが大切

Video DownloadHelperをインストールした後、動画をダウンロードしようと考えた際に、エラーが生じることがあります。Video DownloadHelperの全ての機能を活用するためには、コンパニオンアプリと呼ばれるアプリを追加する必要があります。

Video DownloadHelperの設定アイコンをクリックして、『全般』>『コンパニオンアプリが未インストール』>『コンパニオンアプリをインストールする』をクリックしましょう。

表示された画面で『Download』ボタンを押します。コンパニオンアプリがダウンロードされます。

コンパニオンアプリをインストールする際には、言語をEnglishに設定しておくことも大切です。英語版のアプリですから、言語設定を間違えてしまうと文字化けを起こしてしまいます。アプリを導入する際には、言語表記に間違いが無いかにつての確認を怠らないことが大切です。

Video DownloadHelperを使って動画をダウンロードする方法

初期設定:

Chromeでダウンロード先を設定する際には、メニュー内の設定タブを選択することから始めていきます。設定タブのクリックを行うと、詳細設定画面が開きます。詳細設定画面の中に、ダウンロードに関する項目が出て来ます。

『動作』タグをクリックします。『ダウンロード処理』のドロップダウンメニューから「コンパニオンアプリ」を選択します。

『既定のダウンロードフォルダー』の右にあるボタンの押下を行ない、ダウンロード場所の変更を行なえば、保存先の設定は完了です。

Firefoxでダウンロード先を設定する際には、メニューを選ぶ際に表示されるオプションタブから設定していきます。上部にある一般タブの中にある、ダウンロードに関する項目の中から、次のフォルダに保存するという設定項目を選んでいきます。自分で動画を保存したいと考えるフォルダを設定すれば、ダウンロード先に関する設定は完了です。

動画をダウンロードする方法:

Video DownloadHelperを使って動画をダウンロードする際には、保存を考える動画ページに移動することから始めていきます。

Video DownloadHelperをインストールしたブラウザでダウンロード対象の動画を再生し始めると、右上に表示されるVideo DownloadHelperアイコンが変化し始めます。(カラフルになる)

アイコンを押下した後、ダウンロードに関するポップアップが表示されます。ダウンロードしたい動画の右側にマウスを置くと、右向きの...▶が表示されます。

三角形のアイコンをクリックして、表示されたメニューから『ダウンロード』を選択して、ダウンロードを開始します。

しばらくすると動画のダウンロードは完了します。

Video DownloadHelperを利用する際に気をつけること

Video DownloadHelperは、手軽に動画をダウンロード出来るツールではありますが、利用に際しては注意しておくべき点もあります。

動画サイトに掲載されているコンテンツの中には、著作権を設定してアップロードされているものも見られます。面白い動画だと感じ、気軽にダウンロードを行ってしまうと、後々大きな問題へと発展してしまうことも有り得ます。ダウンロードを行う際には、ライセンスに関する部分を確認しておきましょう。

YouTubeのようなアップデートが激しい動画サイトであっても、Video DownloadHelperであれば問題なく対応することは可能です。貴重な動画やお気に入りの動画をオフラインで見るためには同ソフトのダウンロード機能は有効となるでしょう。

Video DownloadHelper2019版がダウンロードできない原因と対処法

video downloadhelper 使えなくなった 2019

Video DownloadHelp2019は確かに便利なアプリですが、ネット上では「使えなくなった」「問題が起きた」という声も聞かれます。具体的なトラブルの内容としては、以下のようなものがあげられるでしょう。

  • FireFoxのブラウザ上で動画のダウンロードを試みても、動画が検出されない
  • ダウンロードをしようとすると動作しない

これらの問題の原因とそれぞれの対処法は、次のようになります。

Video downloadhelper 使えなくなった原因1:履歴ファイルが多すぎて動作が遅くなっている

まず考えられる原因は履歴ファイルがブラウザに多すぎるため、アプリの動作を圧迫してしまいブロックされてしまっていることです。履歴は日々使う中で積もりに積もって、多くの容量を必要とします。ブラウザがメモリで一杯になっていると、動作は次第に遅くなって最悪の場合フリーズしてしまうでしょう。

Video downloadhelper 使えなくなった対処法1:キャッシュをクリアして、クッキーを削除する

ファイルの容量が圧迫していて通常通りの動作ができないなら、不要なメモリを削除して要領を空けることが、最も直接的で効果のある対処法となります。

パソコンの「メニュー」 アイコンから 「オプション」、「プライバシーとセキュリティ」を選択しましょう。データの使用を許可するサイトを指定したり、クッキーやサイトデータを消去したりできます。

Video downloadhelper 使えなくなった原因2:動画ファイルが対応していない

動画形式がサポートされていない、コピー対策のコピーガードがあってダウンロードできないといったパターンも、原因として考えられます。この場合そもそもvideo download help2019が、その動画に対応していないことになります。

復旧を待ったりどこかのトラブルを直したりしても、うまくダウンロードができるようになることはありません。アプリの限界といえるでしょう。

Video downloadhelper 使えなくなった対処法2:代替アプリを使用する

どうしてもダウンロードしたい動画があるのなら、それに対応しているアプリを探し、そちらを用いて動画の変換をするしかありません。

video downloadhelper コンパニオンアプリが必要です

代替ツールとして、動画ゲッターStreamFab YouTube ダウンローダーProなどが挙げられます。YouTubeやFacebookなど、1,000以上のサイトの動画に対応しているので、使い勝手がよいアプリです。Video DownloadHelper2019でダウンロードできなかったとしても、こちらのアプリであるならダウンロードできる場合も多いでしょう。

StreamFab YouTube ダウンローダーProについては、以下で詳しく解説しています。

Video downloadhelper 使えなくなった原因3:ブラウザのアップデートがなされていない

アプリのアップデートは、細かな修正だけにとどまることも多いものです。しかし時折、大きな改修が行われることもあります。とくに変換する元の動画サイトでアップデートが行われて、動画の仕様などが変更された場合に注意しましょう。

それに合わせて引き続き変換に対応できるように、Video DownloadHelper2019の方でも、アップデートを行うことはありえる話です。この時にアップデートをしないままでいると、動画サイトのアップデートに対処しきれなくなります。フリーズしてしまったりエラーが出てしまったりするでしょう。

Video downloadhelper 使えなくなった対策3:最新バージョンにアップデートする

快適にアプリを使うためには、アプリはなるべくこまめにアップデートして最新の状態を保つとよいでしょう。Video DownloadHelper2019のアップデート方法は、Firefox→アドオン→拡張機能の管理→「アドオンを自動的に更新」を無効化を選びましょう。この手順で最新バージョンへ状態を保てます。

それでもVideo downloadhelper 使えなくなった原因がわからないエラーの場合

とくに動画の形式も対応外のものではなく、キャッシュも消したのになぜか応答しない場合もあるでしょう。また動作がフリーズしてしまうといった、エラーが起こることもあります。その場合はいったんコンピューター自体を再起動して、もう一度アプリを開いて様子を見てみましょう。この方法でうまくいくこともあります。

Video downloadhelper 使えなくなった対策:StreamFab YouTube ダウンローダー Proを使おう

StreamFab YouTube ダウンローダー Proの特徴

Video downloadhelper 使えなくなった、動画が取得できない場合の対処法として、StreamFab YouTube ダウンローダーProの利用がおすすめです。

video downloadhelper 使えなくなった 2019

StreamFab YouTube ダウンローダーProは、YouTubeをはじめとする幅広いプラットフォームの動画に対応し、YouTube以外にもDailymotion、Vimeo、fc2などの動画配信サイト及びFacebook、Instagram、twitterなど1000以上のサイトから動画を希望の解像度でダウンロードできるソフトです。Youtube動画のダウンロードは永久完全無料です。

 i  無料ダウンロード    i  無料ダウンロード  

 

Video download help2019と違う点は、Firefox以外のブラウザでも利用できることです。またパソコンの機種としても、WindowsやMacといった比較的ポピュラーなブラウザで、使用可能なアプリです。

!

StreamFabは、DRM保護技術のアップデートにより、現在業界で唯一、ストリーミングの最新内容を1080pでダウンロードに対応しています。

Youtube以外の動画をダンロードするには、30日間での無料期間が利用できます。期間切れになると、50%OFFの割引で無期限購入もできます!早速下記のボタンで購入してみましょう👇

  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証
  今すぐ購入
 
30日間返品・返金保証

StreamFab YouTube ダウンローダー Proの使い方

StreamFab YouTubeダウンローダーPro」の使用方法は、非常に簡単です。アプリを立ち上げて一番初めに表示されるホーム画面には、左の列にはメニュー、中央には検索窓があります。そしてサイトの頭文字からサイトを絞り込みできる、アルファベットのボタンなどがあります。

検索窓や右列の「URLを貼り付ける」ボタンをクリックすると表示されるウィンドウに、変換したい動画のURLを貼り付けて確定するだけです。非常にシンプルな工程のみで動画のダウンロードが完了させられます。

video downloadhelper 使えなくなった 2019

またURLを貼って確定させた直後に表示されるウィンドウでは、変換する素材についての具体的な設定ができます。ウィンドウ下部にある「フォーマット」というプルダウンから「オーディオ」「動画」の、いずれかを選択しましょう。オーディオの場合はMP3に、動画の場合はMP4になります。「品質」も、幅広く設定が可能です。希望のものがあるなら選択しましょう。

video downloadhelper 使えなくなった 2019

選択完了したら、ここでダウンロードボタンを押します。

video downloadhelper 使えなくなった 2019

そして「ダウンロード」ボタンを押して、ダンロード完成したファイルを見つかれます。

StreamFab YouTube ダウンローダーProがおすすめの理由は?

StreamFab YouTube ダウンローダーProの概要について、簡単に紹介していきました。デバイスもプラットフォームも幅広く対応しているアプリなので、Video DownloadHelper2019の代わりとして使うには、申し分ないといえるでしょう。そういったStreamFab YouTube ダウンローダーProには、便利なよい点がいくつかあるので順に紹介します。

元のファイル拡張子に関係なくMP3、MP4形式に変換できる

ひとつ目のポイントは「元の拡張子に関係なく、動画や音声への変換が可能」という点です。ダウンロードされた映画や音楽は、MP4またはMP3ファイルとして保存されます。MP4、MP3はいずれも多くの機器に対応するファイル形式です。パソコンだけでなくタブレットや携帯電話・ゲーム機など、ほとんどの再生機器で問題なく再生できます。

高音質・高画質のダウンロードができる

第2のポイントとして任意の画質や音質を幅広く指定でき、高画質での変換もできることです。たとえばYouTubeの動画を音声ファイルとしてダウンロードするなら、320kbpsの高音質でダウンロードします。そしてMP3ファイルとして保存も可能で、音質がたいへんよいのです。さらに画質に関しても、ダウンロードする動画にもよるものの、360pから2160pの範囲で画質を決定できます。

モバイルアプリが便利

さらに3つ目の特徴として、StreamFab YouTube ダウンローダー Proのモバイル版アプリが、便利であることがあげられます。StreamFab YouTube ダウンローダー Proには、スマートフォン用のアプリもあるのです。スマートフォンからも、動画のダウンロードなどが行えます。Wi-Fiを使ってダウンロードできるので、たいへん便利です。さらにスマートフォン用アプリでは、バックグラウンド再生機能とオンライン再生機能があるのも魅力です。画面で他の作業をしながら、BGMのように好きな音楽を聴けます。

まとめ

video downloadhelper 使えなくなった 2019

ここまでVideo DownloadHelper2019の機能と特徴を解説しました。さらにVideo DownloadHelper2019が使えなくなった時の原因と対策、代替アプリであるStreamFab YouTubeダウンローダーProの特徴について、紹介していきました。

多くの動画形式に対応していることから、動画の変換やダウンロードはStreamFab YouTubeダウンローダーProが非常におすすめです。VideoDownloadの他に、TuneBoto Amazon Video Downloader、4K Video Downloader、freemake video downloader、facebook video downloader、instagram video downloadをするのに使わせるツールにもなれます。使いやすさや操作の簡単さから、今後の動画変換アプリの主流になっていく可能性もあるでしょう。ぜひStreamFab YouTube ダウンローダー Proの、快適な使用感を味わってみてください。