家庭用のプレーヤーで見れるようにDVDを作りたいと思っています。DVD-RをPCのドライブに入れて、そのまま動画ファイルをドラッグし、書き込みを行いました。作成したDVDを家庭用のプレーヤーで再生してみましたが、「未対応の形式かディスクに傷があります」という感じでメッセージが出てしまってやっぱり再生できません。

それは、多分動画形式のままで動画ファイルをDVDに書き込んだかもしれません。実は、専門のオーサリング ソフトで焼けばいいです。ネット上でオーサリンクソフトに関する質問が次のようにたくさんあります。

オーサリング ソフト
MISA
スマホで撮った動画をDVDに焼いて、DVDプレーヤーで観たいと思います。 DVD 作成にあたり、オーサリングソフトが必要というのがわかりますが、おすすめはありますでしょうか。
オーサリング ソフト
裕一
DVD オーサリングソフトを探しています。どのソフトがいいのか分からず、検索しても無料のオーサリングソフトが出てきたりします。有料のオーサリングソフトでも良いので、オススメのものはありますか?

1.オーサリングソフトとは?DVDオーサリングソフトとは?

オーサリングとは、文字や画像、音声、動画などの要素を組み合わせてDVDやブルーレイなどのメディアコンテンツを作成するプロセスを指します。プログラミング言語やマークアップ言語による制作に比べて、マウス操作などの直感的な方法で作業を進める特徴があります。このような作業はオーサリングと呼ばれ、それに対応したツールはオーサリングソフトと呼ばれます。本来の意味とは異なるものの、DVD-Video形式を作成したり、動画をDVDに変換する場合は、それをDVDオーサリングと呼びます。そのため、好きな映画やアニメなどの映像素材を収集して、それらをDVDに作成するソフトウェアは、DVDオーサリングソフトと呼ばれます。

2.DVDオーサリングソフトランキング 6選

無料から有料のさまざまな種類のDVDオーサリングソフトが利用できますが、以下では、厳選されたDVD作成に適したおすすめのオーサリングソフトをご紹介いたします。

※ こちらのおすすめDVDオーサリングソフトは、サイトでは「英語」で紹介されている場合があります。ダウンロード前後で、日本語を選択できるものをおすすめしています。

初心者向けの万能なDVDオーサリングソフト -【DVDFab DVD作成】

ライティングソフト

出力について、DVDディスク(DVD5/9)、DVDフォルダ(VIDEO_TS)、ISOイメージファイルがサポートされています。

対応OS:

Windows 11/10/8.1/8/7 (32/64 bit)   macOS 10.10 - 13

入力形式

MKV、MP4、AVI、 M2TS、 TS、MOV、 WMV、WMA、3GP、FLV、M4V、VOB...など

出力形式

DVDディスク、DVDフォルダ、DVD ISO

WindowsとMacの両方で利用できます。以下のボタンをクリックして、30日間無料でdvdオーサリングなどフル機能を体験できます。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

動画ファイルをDVDに書き込んでも、通常機器では再生ができない場合があります。DVDFab DVD作成を使用してDVDプレーヤーまたはテレビで再生できるDVD-Video規格にすることをこの1本で可能にしました。特別な手順や知識は不要のわかりやすい解説と設計で、どなたでもすぐにDVDを作成できるので初心者の人にもおすすめです。

もちろん、メニューを作成するためのDVDテンプレートなどの便利機能は付属しているので、さらに自由にDVDをオーサリングすることも可能です。

【DVDFab DVD 作成を利用して動画ファイルのDVDオーサリング作業を行う方法】

Step1:下記のダウンロードボタンをクリックして、DVDオーサリングソフトーDVDFab DVD 作成をインストールしてください。

Step2:インストール済みのDVDFab DVD 作成を起動して、「作成」をクリックします。次、画面の真ん中の「+」をクリックして、オーサリングされたい動画ファイルをアップロードします。

Step3:動画ファイルをアップロードできたら、「メニュー設定」と「詳細設定」によって、メニュー、出力形式、ビデオ画質などをカスタマイズすることができます。設定が完了したら、出力先を設定し、「開始」ボタンをクリックして、DVDオーサリング作業が始まります。

Step4:「処理中」で進行中のタスクをチェックできます。

Step5:DVDオーサリング作業が完了したら、「終了した」でタスクをかくにんできます。

無料のDVDオーサリングソフト -【DVD Flick】

ライティングソフト

DVD Flickは、動画ファイルをDVDに簡単に変換できる初心者向けの無料オーサリングソフトです。幅広いファイル形式(MP4 / M4V / MKV / AVIなど)に対応しています。DVD Flickの使い方も比較的簡単で、メニュー設定や字幕や音声の追加、ISOファイルの生成など、さまざまな機能を備えています。DVDファイルやフォルダへの作成時には、DVDメニューの作成も可能です、初心者でも簡単に操作できるDVDオーサリングソフトです。

!
ただし、Macには使用できないのと、2023年現在開発元での更新がストップしており、DVD Flickでエラー等が発生する恐れもあるのでご注意ください。また、DVD Flickは海外製のオーサリングソフトのため、英語表記となっています。以前は日本語版のDVD Flickと呼ばれるソフトウェアも存在しましたが、現在はダウンロードできない状況にあるため、ご注意ください。

「DVD Flick」のダウンロードはこちら
https://www.dvdflick.net/download.php

中級者向けのDVDオーサリングソフト -【DVD Styler】

ライティングソフト

続いてご紹介するおすすめオーサリングソフトは、「DVD Styler」です。

DVD Stylerとは自由度の高さが強みとDVDオーサリングソフトです。素材となるファイルの順序変更、チャプター作成等が行えます。そのほか字幕や音声、動画のフォーマット設定なども可能です。しかもDVD Stylerは日本語も対応しています。機能性が高いゆえに、操作はやや中級者向けとなる点がネックです。

!
また少し古いオーサリングソフトなので、Windows10に対応していないと言う弱みもあります。しかし無料オーサリングソフトとしてはかなり高い性能を持っているため、オーサリングの知識があり対応PCを持っている方にはぜひおすすめしたいソフトです。

「DVD Styler」のダウンロードはこちら ↓
https://www.dvdstyler.org/ja/%E3%83%80%E3%82%A6%E3%83%B3%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%89

Windows専用のDVDオーサリングソフト -【WinX DVD Author】

winxdvd dvd author

初めにご紹介するおすすめオーサリングソフトは、「WinX DVD Author」です。

WinX DVD Authorとは無料で使用可能なフリーDVDオーサリングソフト。オーサリングソフトでありながら、オーサリングも行えるのが特徴です。オーサリングとは、DVDプレイヤーで再生しやすい形式のデータを作成することです

しかも、自動作成機能も搭載されているため、高品質なディスク作成を簡単かつスピーディーにおこなえます。機能性の高さから人気を集めているWinX DVD Authorは、初心者でも安心して使用できるオーサリングソフトでしょう。

!
しかし、「WinX DVD Author 焼けない」、「エラーを起こしやすい」といった声もあります。他のも、、DVDを認識しなかったり、「サポートされていないファイル」というエラーメッセージが表示されたりする時もあるようです。

「WinX DVD Author」のダウンロードはこちら ↓
https://www.winxdvd.com/dvd-author/index-ja.htm

Windows7に標準で搭載されるDVDオーサリングソフト -【Windows DVD メーカー】

ライティングソフト

続いてご紹介するおすすめオーサリングソフトは、「Windows DVD メーカー」です。

Windows DVD メーカーとは、Windows7にもともと入っているオーサリングソフトです。
オーサリングだけでなくオーサリングも可能で、標準搭載されているソフトとしては高い機能性をもっています。
画像ファイルや動画ファイルをもとに、DVDメニューのついた本格的なDVDを作成することができます。

Windows VistaやWindows7を使用している人であれば、このソフト1つでも十分快適なオーサリングができるのではないでしょうか。

!

しかし残念ながら、こちらのソフトはWindows10には搭載されませんでした。Windows DVD メーカーに入っている機能の一部は標準搭載アプリ「フォト」に受け継がれていますが、DVDのオーサリング機能は含まれていません。また、こちらのオーサリングソフトが利用できるのはあらかじめ搭載されているPCのみです。

どこかのサイトからダウンロードすることはできないため、ご注意ください。

編集機能が豊富なDVDオーサリングソフト-【CyberLink Power2Go 13】

ライティングソフト

続いてご紹介するおすすめオーサリングソフトは、「CyberLink Power2Go 13」です。

様々な機能を携えながら、シンプル機能のオールインワンオーサリングソフトです。

ドラッグ&ドロップで簡単にDVDオーサリングが可能なので、手間をかけずに高品質な作成を行いたい人におすすめします。編集機能が豊富なので、「自分だけの」DVDを作成することが可能です。

!

また、パソコンに不具合が起こった際修復してくれるリカバリーディスクの作成や、スライドショーの作成といったさまざまなオーサリング機能が揃っています。デメリットは、ソフト自体の容量が大きいため動作のスピードにやや懸念がある点です。また、有料オーサリングソフトゆえに使用前にはアカウントの新規作成が必須です。


なお、はじめの15日間は試用期間として無料で使うことができます。

「CyberLink Power2Go 13」のダウンロードはこちら ↓
https://jp.cyberlink.com/products/power2go-platinum/features_ja_JP.html

3. 各DVDオーサリングソフトを比較する

  DVDFab DVD作成 DVD Flick DVD Styler WinX DVD Author Windows DVD メーカー Power2Go 13
価格 30日間無料体験 無料 無料 無料 無料 有料
対応OS Windows、Mac 10.10 - 13 Windows Windows, Mac OS X 10.10 以降, Linux Windows 7/8/8.1/10 Windows Vista/7 Windows 7/8/8.1/10/11
オーサリング速度 高速 標準 中程度 一般的 一般的 標準
4K動画の書き込み
出力形式 DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVDディスク/フォルダ/ISOファイル DVD ディスク/フォルダ/VOB DVD ディスク DVDディスク/Blu-ray(BDMV)/AVCHD
DVDメニュー作成
カスタマイズオプション 限られたオプション
テンプレートの種類    多数 中程度 限られた種類 限られた種類 多数
メニューデザインの編集
動画プレビュー
デメリット Blu-ray作成に対応しない
 
  • 動画のプレビューができない
  • 機能が少ない
  • 日本語に対応しない
  • 操作が複雑
  • 強制終了が頻繁に発生する
  • メニューテンプレートが少ない
  • 対応入力/出力形式が少ない
  • Windows7以降利用できない
  • 価格が高く、操作が複雑な有料ソフト
  • 高いシステム要件が必要とする
  • サポート先からの返信が遅い

まとめ

DVDオーサリンクの作業について、具体的な操作手順は、お使いのDVD オーサリングソフトによって異なります。ここでは全てご説明するわけにはいかないので、必要となる場合は、自分でチェックしてください。DVDオーサリングを無料で行いたい場合は、上記の無料なDVDオーサリングソフトを利用してください。

ただし、プロのDVD オーサリングソフトを入手したら、DVDオーサリングに伴い動画の編集も簡単に行えます。各DVDオーサリングソフトは、メイン機能はほぼ同じですが、もちろんそれぞれの特徴や短所もあります。どうか必要に応じて選択してください。なお、ここでWindows10用の有料オーサリングソフト・DVDFab DVD 作成を説明しましたが、実は、DVDFab DVD 作成はMacでも使えます。

一般動画ではなくISOからDVDに焼く場合は、ISOファイルをDVDに書き込むという記事を参照してください。