容量が不足している場合や誰かと動画を共有する場合、ネット上にアップロードする際に容量を抑える目的でファイルを「圧縮」することもあります。その際、便利なソフトを活用すれば簡単に操作でき、画質を維持したまま実行できます。この記事では、mp4を圧縮できる便利なソフトをランキング形式でご紹介します。MP4動画の特徴やメリット・デメリットも解説していくので、ぜひ参考にしてみてください。

動画圧縮フリーソフトでMP4ファイルを圧縮することができるし、オンライン動画圧縮サイトでMP4サイズを小さくすることもできます。MP4ファイルをリサイズして友達と共有したりする時、動画が大きくと、伝送不可でそのMP4動画ファイルのサイズを変更しなければなりません。MP4は最も一般的な動画形式として、圧縮が必要となる場合がよくあります。更に、MP4結合や分割、MP4 MP3変換のニーズもあります。

mp4圧縮を行う必要性とは?

上記ではmp4動画の特徴についてご紹介しましたが、そもそもなぜ圧縮を行う必要があるのでしょうか?ここでは、mp4圧縮の必要性について解説します。

手軽にファイルを送信できる

動画ファイルを保存する際、膨大な容量で保存されることがあるため、そのような状況を招かないよう圧縮を行います。特に、高画質・高音質のファイルは容量が大きくなってしまうため、リサイズしなければいけません。圧縮はリサイズによってファイルを送信しやすい形にするために必要なのです。また、圧縮すると長い動画を送信することも可能になります。

保存する際の負担を軽減できる

容量の大きいmp4動画を保存する場合、空き容量が十分でなければ保存はできません。容量不足で保存できないと頭を抱える人もいますが、圧縮を行えば必要な容量が減ります。保存にかかる負担を軽減するために必要な操作です。特に、パソコンよりも容量が小さいスマホで操作を実行する場合は、あらかじめ圧縮をするのが望ましいです。

アップロードをスムーズに

YouTubeやニコニコ動画などの動画共有サービス、TwitterやInstagramなどのSNSに動画をアップロードする際、サイズ制限が大きな壁となります。高画質、高音質で動画を制作したとしてもサイズが大きすぎる場合、ネット上にアップロードできない可能性があるため、注意しなければいけません。

また、仮にサイズ制限内で収まったとしても、容量の大きさからアップロードするまでに膨大な時間を要する恐れがあります。そのままの状態でアップロードすると様々な問題が発生するため、スムーズに進められるよう圧縮をする必要があるのです。

動画圧縮 フリーソフト

mp4動画の特徴

スマートフォンやビデオカメラで動画を撮影した場合、そのデータはmp4形式で保存されます。mp4は解像度や音質などの質が高いことが大きなメリットとして挙げられ、現在広く普及しているファイル形式です。WindowsやMacなどのOS、ブラウザ、家電製品など、ほとんどの動画再生機器に対応しています。

しかしその一方、情報量の多さが原因となり、データを保存する際に動画サイズが大きくなってしまうといったデメリットがあるのも確かです。圧縮、縮小などの操作を行わなかった場合、画質や音質が落ちたり、アップロード・送信ができなかったりする恐れがあります。

MP4 動画を圧縮する方法

大容量のファイルを扱うことに疲れて、最終的に圧縮のアイデアに切り替えることにした場合、MP4圧縮をするのに役立つさまざまなテクニックに精通しているはずです。mp4 圧縮 windows10向けの方法を見てみましょう:

  • mp4 圧縮 方法1

前述したように、MP4ファイルのサイズが大きく、より多くの領域を占有するため、より小さいサイズのフォーマットに変換することによりmp4 容量を小さくすることをお勧めします。例えば、WMV、FLVなど。

  • mp4 圧縮 方法2

ビットレート、フレームレート、および解像度に関するパラメータ設定を編集することによってMP4圧縮をします。

  • mp4 圧縮 方法3

MP4ファイルをトリミングしてビデオの不要な部分を取り除くことによってMP4圧縮をします。

 ここでは3つの大人気のMP4 動画圧縮 フリーソフトを勧めます。大容量のMP4動画ファイルを小さいサイズに圧縮することができます。

MP4動画圧縮ソフトおすすめランキング

mp4動画の特徴や圧縮を行う必要性についてご紹介しましたが、実際にはどのような圧縮ソフトを使えば良いのでしょうか?近年、動画コンテンツの人気が上昇していることから、動画サイズを縮小できるソフトも多数展開されています。ここでは、mp4の圧縮を実行できるおすすめのソフトをランキング形式でご紹介します。

1位:VideoCruise

業界最強のソフトとして注目が高まっているVideoCruiseは、専門的な知識や技術がない初心者でも簡単に扱えます。動画や音声、画像と、すべてのメディアファイルに対応しており、ほとんどの機能を無料で体験できるのが魅力的なポイントです。動画圧縮をはじめ、GIFアニメの作成や動画分割、結合、効果音やBGMの挿入など、豊富な機能が搭載されています。

さらに使い方も非常に簡単です。ソフトをダウンロードしたら新しいプロジェクトを作成し、画面比率の洗濯やインポートオプションなどを選択します。動画を選択したら編集を開始し、編集が完了したらプロジェクトを出力させるだけで完了です。この時、ファイルを圧縮させることもできます。

現在、VideoCruiseはWindows11/10/8.1/8/7に対応しており、Intel i3が以上、メモリーが2GB以上、HDD空き容量が100GB以上であることが条件です。また、日本語にも対応しているため、操作はしやすいです。口コミを見ると、実際に利用したユーザーからの評価は高く、信頼性の高いソフトであるとわかります。

VideoCruiseには有料版、無料版が存在しています。公式サイトはこちらからアクセスすることが可能です。
次のボタンをクリックして、VideoCruiseを無料ダウンロードしましょう。

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

2位:DVDFab 動画変換

MP4 圧縮のフリーソフトウェアについて、今市場で利用可能な最良のオプションであるDVDFab 動画変換を勧めます。初心者でも手軽にmp4 圧縮 オンラインの操作を実行できます。その無料版を使うだけでMP4動画を圧縮できます。mkv MP4変換や、MP3編集、透かし追加、動画トリミング、回転、画面サイズ変更などをいろいろできます。

DVDFab 動画変換は数多くの入出力に対応した非常にパワフルな動画変換ソフトです。インターネット、DSLR、プロのビデオカメラなどのほとんどすべての一般的なフォーマットを読みとり、強力な変換及び圧縮機能が備えていますので、優れた動画圧縮 フリーソフトだと思います。Enlarger AI(別売)と連携させれば、出力ビデオを480pから1080pまたは1080pから4Kにアップスケールできます。まずは体験版をお試しください。30日間全ての機能を使えます。

*下記のボタンを押して、30日間の無料体験を試してください*

 Windows版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)
 Mac版を無料体験
 
100%安全(ウィルスチェック済)

★DVDFab 動画変換の優れた特徴

  • 理想的なスピードと使いやすいインターフェイスで、MP4ファイルの圧縮機能は他のコンバーターより優れています。
  • ベストなエンコーディング方法、フレーム解像度、ファイルサイズ、アスペクト比などでMP4を多くのフォーマットに圧縮でき、優れた動画圧縮 フリーソフトだと言えます。
  • 圧縮する前に、MP4結合又はMP4動画にトリミング、回転、字幕の追加/抽出ができます。
  • MP4ビデオをiPod、iPhone、iPad、携帯電話などのポータブルデバイスに直接圧縮することができます。
  • マルチタスク方式のサポートにより、複数のMP4ファイルを同時に圧縮することができます。
  • 圧縮されたMP4ファイルは、YouTube、Vimeo、Facebookなどのさまざまなソーシャルメディアのチャンネルやサイトで共有できます。

また、DVDFab 動画変換を有料版にアップグレードする場合は、DVDFab 動画変換を購入するより、DVDFab 動画変換 Proがおすすめです。なぜかというと、後者は前者より価格上ではそれほど高くないが、DVDFab 動画変換ソフトの他、Video CruiseToolkitも含みます。コスパ最高です。しかし、DVDFab 動画変換 ProはWindows版しかありません。DVDFab 動画変換はWindowsとMAC両方あります。

3位:FreeConvert.com

mp4動画をはじめ、画像や音声、ドキュメントなど、様々なメディアファイルを圧縮できる総合的なソフトです。ロゴや透かしはなく、アップロードするだけで圧縮が実行されるというシンプルな仕組みになっています。複雑な操作はないため、初心者におすすめです。

FreeConvert.comでビデオを圧縮するには、動画のファイルサイズを確認して縮小する必要があります。有料版、無料版とありますが、無料版はアップロードサイズやファイル数に制限が設けられています。また、日本語に対応していないため、操作をする上で不便に感じるかもしれません。

4位:XMedia Recode

XMedia Recodeの対応OSはWindows Vista/7/8/8.1/10で、サイト内の言語は日本語にも対応しています。様々な動画形式に対応していることや使い方や簡単であることがメリットとして挙げられます。搭載されている機能の種類も豊富なため、初心者から上級者まで便利に利用できるソフトです。

ただし、強制終了したり、音声のボリュームを調整しても聞き取れなかったりするなど、圧縮の操作を行っている途中で問題が発生してしまうことがあるようなので注意してください。

5位:Freemake Video Converter

世界中で1億人以上のユーザーが利用しているFreemake Video Converterは、mp4をはじめ、様々な動画形式に対応しています。サイト内の言語は日本語にも対応しているため、使いやすいです。10年以上の安定性を誇っているほか、レビュー数も500件以上と信頼性の高いソフトであることが伺えます。

圧縮速度が遅いことや使用中に広告が表示されること、最新バージョンではロゴが挿入されるなど、使用する上でのデメリットはありますが、複雑な操作はないため、知識や技術がなくても扱えます。

6位:Online Converter

Online Converterはインストール不要の動画変換サービスであり、インストールをせずとも動画を圧縮することが可能です。ロゴや透かしもなく、非常にシンプルな操作で完結します。また、実際に利用しているユーザーがウイルス対策ソフトを常住させた状態でアクセスしたところ、特にウイルスは検出されなかったため、安全性は高いと言えます。

ただし、日本語に対応していないことやファイル数、ファイルサイズに制限が設けられていること、アップロードに時間を要するといった懸念点があることも覚えておきましょう。公式サイトはこちらからアクセスできます。

7位:VideoProc

VideoProcは日本語に対応しており、対応OSはWindows Vista/7/8/8.1/10、Mac OS 10.6、またはそれ以降です。初心者向けに開発されており、シンプルな操作で実行できます。画質・音質劣化を抑えて圧縮できるほか、高速エンジンによりmp4動画の読み込みや圧縮処理、出力をスムーズに行えます。mp4動画を様々な形式に変換する際にも便利なソフトです。

セキュリティ対策も徹底されているため、安全に利用できます。また、動画編集機能も豊富に搭載されておりオリティの高い動画を作成することも可能です。VideoProcには有料版と無料版が存在していますが、無料版は使える機能に制限が設けられているため、物足りなさを感じる可能性があります。

使っていて物足りないと感じるようであれば、有料版を利用してみてください。

8位:Any Video Converter

画質を保ったまま動画サイズを縮小することができるのが魅力的なポイントであり、様々な動画形式に対応しています。圧縮速度が速く、操作を実行したmp4動画をDVDに書き込むことも可能で、日本語にも対応しています。

ただし、音にズレが生じたり、圧縮に失敗したりすることもあるようです。成功すれば得られるメリットは大きいです。

9位:VideoSmaller

VideoSmaller は動画のファイルサイズを小さくする動画 圧縮 オンライン サイトであり、画質の劣化なしに、動画を圧縮します。動画のファイルサイズを縮小することで、動画ファイルをより小さくします。

動画 圧縮

★VideoSmallerの特徴

  • オンラインで動画のファイルサイズを無料で軽くします。
  • 直接、あなたのウェブブラウザからmp4動画を圧縮します。
  • MP4、AVI、MPEG、MOVの動画フォーマットに対応しています。
  • 最大500MBの動画ファイルをアップロードできます。

10位:Free Video Compressor

Free Video Compressorは、動画圧縮フリーソフトの以外に、AVI、MPG、FLV、M4V、WMVなどの動画ファイルを指定したサイズに再圧縮することに対応した動画圧縮フリーソフトです。また、動画の不要な場面を切り出す機能、動画のビットレート、解像度、などを変更する機能、出力音声品質を設定する機能などを搭載しています。

動画 圧縮 オンライン

★Free Video Compressorの特徴

  • この動画圧縮フリーソフトは英語版ですが、日本語化する必要があります。
  • MPG、AVI、FLV、F4V、M4V、WMV、MOVなど、多くの一般的なビデオ形式で使用できます。
  • 個人用および非商用目的で無料で使用でき、ファイルミラーから入手できます。
  • このMP4圧縮フリーソフトは、LGPLv2.1(GNU Lesser General Public License)に基づくFFmpegプロジェクトからの静的再構成(およびFFmpegソース)を使用します。

DVDFab 動画変換で動画圧縮をする手順

理由や選択方法にかかわらず、最良の結果を得るための強力なツールが必要です。ここでは、DVDFab 動画変換を使用してMP4圧縮を行うステップバイステップガイドがあります。

Step 1:DVDFabをダウンロードしてパソコンにインストールします。そして、圧縮する必要のあるMP4ビデオ/ファイルを追加します。

ソフトウェアをインストールして起動した後、変換モジュールに移動し、「+」をクリックしてMP4ファイルを追加します。複数のファイルを同時に選択して、追加することができます。また、ファイルをメイン画面に直接ドラッグアンドドロップすることもできます。

 動画圧縮 フリーソフト

Step 2: MP4動画を圧縮します。

「他のプロファイルを選択」をクリックして、フォーマット/ビデオ/一般オプションからMP4を選択します。MP4動画を他の形式に変換して保存したい場合は、適切なビデオフォーマットを選択できます。

動画圧縮 フリーソフト

動画圧縮 フリーソフト

レンチアイコンをクリックして、詳細設定画面を開きます。ここで解像度、ビットレート、フレームレート、エンコーダーなどの設定を好みに応じて手動で変更できます。

動画圧縮 フリーソフト

ペンのアイコンをクリックすると、動画編集パネルに入ります。アイコンをクリックして、赤い指針を移動して、mp4ビデオのカット部分を選択します。ビデオの中間の部分を削除することで、mp4の容量を小さくします。

動画圧縮 フリーソフト

Step 3: ディレクトリを選択します。

DVDFabの一番下にある「保存先」へ移動して、右側の「フォルダ」アイコンをクリックして、出力ビデオを保存するディレクトリを選択します。そして、開始ボタンをクリックして、MP4ビデオ圧縮のオンラインプロセスが開始されます。  

動画圧縮 フリーソフト

まとめ

今回は、mp4動画を圧縮する方法やおすすめのソフトについてランキング形式でご紹介してきました。mp4動画は日本だけでなく世界でも広く普及しているため、様々な場面で利用できる動画形式ですが、その一方で容量の大きさから懸念される点も多いです。そんな問題を解決するのが圧縮という便利な機能なのです。動画を圧縮すれば、容量が小さくても問題ありません。

動画サイズを縮小したい場合や、小さい容量でも保存したいという場合は、ランキング1位にも輝いたVideoCruiseを使って、mp4動画を圧縮してみてはいかがでしょうか?

DVDFab 動画変換などを使ってもMP4ビデオを手軽に圧縮できますから今すぐ30日間の無料体験版をダウンロードして使用してみましょう。mp4ビデオをカットする場合は、動画トリミング へご参考にしてください。