MIDI 再生

1. MIDI音声ファイルでどのようなものが作成されるのか

MIDIファイルは、正確に言えば音声ファイルではありません。それを簡単に表現すれば、音楽の演奏データということになります。一番使われているのがピアノとかギター、あるいはチェロとかバイオリンです。

それを使ってオーケストラの作曲もできます。専用の音楽notationソフトウェアが必要ですが、世界中で便利なものがたくさん販売されていますので、まずそれを購入することから始めましょう。値段はピンからキリまであります。                               

MIDI 再生

2. MIDIファイルを再生するには専用音源が必要

MIDIファイルは、かなり古くから使われていますが、もっぱらエレクトーンやピアノの自動演奏などに使用されてきました。MIDIファイルは、音声そのものを記録しているわけではありません。ですからそれを再生する時には専用の音源が必要です。

MIDI音源は世界中でたくさんの種類が販売されています。無料で使えるものもあるし、有料で販売されているものもあります。ピアノの演奏家は、ピアノの再生に一番最適なMIDI音源を購入しておかなければなりません。

難しいのがクラシックギターのデリケートな音質を再現してくれるようなMIDI音源です。こちらはたくさんのMIDI音源を実際に試しても、なかなか生演奏のようなデリケートな音を再現することができません。

それではクラシックギターのデリケートな音質を再現してくれるようなMIDI音源はないのかといえば、それは違います。ここでは具体的な名前を出すことは控えさせて頂きますが、いくつかのMIDI音源では、デリケートなクラシックギターの音楽を忠実に再現することができています。

手元に音楽の楽譜さえあれば、それをスキャナーで読み取って直接MIDI音楽ファイルに変換することもできます。その魅力と便利さは大変大きいです。何といっても購入してきた楽譜をすぐに実際の音で確認できるということが素晴らしいです。

MIDI 再生

インターネット上の数多くのサイトがMIDI音楽を中心にして活動をしています。ファイルのサイズがとても小さいのでダウンロードに時間がかかるということがまったくありません。そして適切なMIDI音源さえ準備できれば、MIDI音楽ファイルとは思えないような素晴らしい音質で再生をすることができます。

3. MIDIファイルの特徴やデイメリット

ファイルのサイズがとても小さくて、編集が簡単にできてしまうのがMIDI音楽ファイルの大きな特徴ですが、ひとつだけ大きな欠点があります。それはそれぞれの楽器やオーケストラに対して、適切なMIDI音源を準備しなければならないということです。

実際にそれをやってみられた人は、すぐに分かってもらえますが、その作業はなかなか難しいです。MIDIファイル自体は簡単に制作できますし、その編集はとても軽くてスピーディーです。ですがそれを音楽として再生した場合に音質が悪くては使い物になりません。

それだけで、二度とMIDI音楽には手を出さなくなるのではないでしょうか。この部分だけは今でも大変難しいです。インターネット上には数えきれないくらいの膨大な数のMIDI音源が販売され��いたり、無料で提供されていたりします。

それらの一つ一つをダウンロードして試すのに相当な時間がかかりますし、そのためにかなりの忍耐力が必要です。ですがそれを見つけられたときの喜びは、なににも代えがたいです。MIDI音楽の愛好家が集まるサイトでは、音楽を美しく再生してくれるMIDI音源の話題で持ちきりです。

MIDI ソフト

無料でダウンロードできるものもありますが、やはりそれは音質的に優れていません。ここは、ある程度のお金を支払ってでもMIDI音源を購入する必要があります。せっかく高いお金を支払って購入したMIDI音源が使えないとなればどうでしょうか。

それだけで大変なショックを受けてしまいます。MIDI音楽からしばらくの間遠ざかるのかもしれません。そのようなことのないように最適な手段があります。最初から優れた音楽の再生ソフトを購入するということです。

4. あらゆる音声形式を無料で再生できるソフトウェア

ここまでの話で一つだけ大切なことを忘れていました。それはMIDIシーケンサーです。これは実に簡単な話です。MIDIシーケンサーとは、タイムスタンプ付きのMIDIメッセージのシーケンスを正確に再生または記録できるハードウェアまたはソフトウェアデバイスのことです。

最初からMIDIシーケンサーデバイスが付いているソフトウェアをダウンロードすれば、それですべての問題は解決します。繰り返しますが、あらゆる動画形式や音声形式を無料で再生できるPlayerFab FreeVideoプレーヤーの使用を強くお勧めします。

PlayerFab FreeVideoプレーヤーは、任意の動画や音声形式のファイルを完全に再生でき、独自の動画ライブラリを整理・管理もできる便利で最高の動画・音声再生ソフトです。

 i  無料ダウンロード 

5. MIDI ファイル再生・作成ソフトで豊かな人生を

音楽ファイルで作曲活動をするというのは実に楽しいことです。作曲家にストレスを与えることが全くありません。それはファイルのサイズが極めて小さいからです。ファイルのサイズがとても小さいので、再生をする時に実にサクサクと動作します。

マイクロソフトのワードというワードプロセッサープログラムがありますが、今の世界標準となっています。豊富な機能は世界一ですがひとつだけ欠点があります。ソフトウェア自体のサイズがとても大きいということです。

MIDI ソフト

あれだけ便利な機能を提供してくれるマイクロソフトのワードですが、その使い勝手は決して良いとはいえません。なぜならば文字を打ち込むときに、微妙なタイミングのズレを感じることがあるからです。

そのため、ワードプロセッサーのデータ自体はメモ帳などを使って作成する人たちが大部分です。そして最後の印刷段階になって、さまざまな装飾を施してから実際に印刷をするのです。キーボードで文字を打ち込むときに、独特の粘りを感じるのがワードの大きな特徴です。

これと同じことは音楽ファイルを操作するときにもいえます。実際にその音楽ソフトを使用しないとその使い心地はわかりませんが、いずれにしてもMIDI音楽ファイルを操作するような軽さはありません。

世界中の音楽家がMIDI音楽ファイルにのめり込むのには理由があります。自宅のパソコンを使って、軽快な操作で音楽を創作することができるからです。短時間で優れた作品をたくさん生み出すことができます。

MIDI ソフト

そして最終段階で、適切なMIDI音源を持っているようなソフトウェアを使えば良いのです。例えば、あらゆる動画形式や音声形式を無料で再生できるPlayerFab FreeVideoプレーヤーなどが、おすすめです。

今は作曲家のみならず、素人でも作曲ができるような時代になりました。それを支えてくれているのがMIDI音楽ファイルです。MIDI音楽ファイルは専用のnotationソフトウェアを使わなくても、例えばメモ帳で編集することもできます。

この便利さを使わない手はありません。MIDI音楽ファイルを自由に再生、作成や編集できるような技術を身につければ、それだけで豊かな人生を歩むことができます。それでMIDI音楽ファイルがこれほど人々から受け入れられているのではないでしょうか。

5. まとめ

例えばピアノやギターの演奏家であれば、MIDI音楽制作ソフトを使うことのメリットはとても大きいです。専用の音楽notationソフトウェアを使って簡単に作曲することができます。そしてそれらは最後にMIDI音楽ファイルの形で保存することができます。そのままでもパソコンから演奏を聴くことができますがPlayerFabFreeVideoプレーヤーで再生すれば、完璧なピアノやギターの音を再現してくれます。