古いDVDメディアからデータを読みだそうとした際、「データエラー(巡回冗長検査(CRC)エラー)です。���というメッセージが表示され、読み出し不可になることがありますか?
エクスプローラー上でファイル名はちゃんと表示されているにもかかわらず、開くこともできません。その時は、まずディスクを拭いてみたり、ドライブを替えてみたりしてください。

目次
CRCエラーとは?
CRCエラー/巡回冗長検査エラーが起きる原因
CRCエラー対処時の注意事項
CRCエラーを修復する方法


CRCエラーとは?
CRCエラーは、元々は「Cyclic Redundancy Check」という英語の略称で、日本語で「巡回冗長検査エラー」と呼ばれ、「エラー補正の仕組み」でエラーを修復しようとして、失敗した状態を言います。パソコンだけでなく、CDやDVD、QRコードなど色々な分野で使われています。

一枚のDVDを例にして説明しましょう。
本来のデータ、すなわちこのDVDでエラー発生ので、コンテンツが読み取れない状態です。
そして、エラー補正用データ、例えばDVD Shrinkでそのデータを読み込めないためそのエラーを修復しようとします。
更に、そのエラー補正用データ、DVD Shrinkもエラーなので、元のDVDデータが修復できない状態になります。

CRCエラー/巡回冗長検査エラーが起きる原因
CRCエラー/巡回冗長検査エラーが起きる原因は常にディスクのメディア不良とレンズの汚れによるエラーとドライブの故障だと思います。
以下、HDDと SSD・USBメモリやDVDでCRCエラーが発生の原因について説明します。


2-1、HDDと SSD・USBメモリでCRCエラー/巡回冗長検査エラーが起きるそれぞれの原因
HDDでCRCエラー/巡回冗長検査エラーが起きるのは、ほとんど物理障害が起きる原因です。物理障害が起きるのは、ハードディスクとマザーボードとの接触が悪い、ソフトウェアの誤報、またはハードディスクの品質が良くないなどが考えられます。さらに、再フォーマットやチェックディスクなどの操作が行えません。
簡単に言うと、 CRCエラーが起こる原因の1つは、基板やチップなどの損傷やプラッタと呼ばれる部分に傷が入ってしまうからです。もっと悪いのは、磁気ヘッドがプラッタ―に接触して傷つけてしまうことがあります。
「プラッター」は、鏡のように光っている円盤状の部分で、ここに磁気でデータを保存しています。
「磁気ヘッド」は、データの読み書きを行って、「プラッター」に向かって下から伸びている棒状の部分です。「磁気ヘッド」が高速で回転している「プラッター」の表面上を激しく動いてデータを保存したり読み出したりすることにより、データの読み書きを行います。
正常に作動するHDDは、「プラッター」と「磁気ヘッド」の間はごくわずかな隙間があって、接触していないままデータを読み書きます。一旦触れてしまって、「プラッター」にキズがついたり部分的に磁気エラーが起きたりすることになり、データの読み出しもできません。それはいわゆるCRCエラー/巡回冗長検査エラーです。


一方、SSD・USBメモリは内部が大まかに「メモリコントローラ」と「フラッシュメモリ(データ記録領域)」にわけられます。HDDと違って、回転しないため、壊れやすくて寿命も短いです。メモリコントローラが破壊された場合は全くデータが読めなくなりますが、フラッシュメモリ(データ記録領域)が壊れた場合は、記録領域の一部が読み出せなくなります。そしてCRCエラー/巡回冗長検査エラーが起きます。

2-2. DVD/CDで「CRCエラー」「巡回冗長検査エラー」が起きる原因
自分で記録のDVDはディスク表面の下に有機色素が塗布され、その色素を強いレーザー照射で焼き切ることによってデータを記録します。
しかし、日光などに長時間当てたり高温になる場所に置くと、色素が変質して正しくデータを読み込めなくなります。仮に光を遮断して湿気に注意しても、色素や表面に化学変化が徐々に進むので、経年劣化は避けられません。
購入するCDやDVDは記録型のディスクより長く保存されますが、それはデータの記録方式が違うからです。時間の経つに伴って、劣化も避けられません。

CRCエラー対処時の注意事項
1、chkdskを実行してはいけません。
chkdsk はHDDのエラーを修復するコマンドですが、「巡回冗長検査エラー・CRCエラー」が出ているときには絶対に実行してはいけません。HDDへの負荷がかかって悪化してしまいます。
2、過度なアクセスや再起動をしないでください。
物理障害が起こる可能性が大きいため、再起動を繰り返すと状況が悪化する可能性が高いです。


CRCエラーを修復する方法

HDDや SSD等の修復を行う前に、まず保存されているデータを取り出すことが必要ですので、データ保存用の外付けのHDDやUSBメモリなどを用意してください。
通常、CRCエラー発生はデータラインの問題です。
新しいものである場合は、インターフェースの接点が酸化している可能性が高いため、プラグの抜き差しを数回繰り返して指標が増えなくなってから再試行してみてください。あるいは、データケーブルを替えてみてから試します。プロの人や専門の会社に依頼するのは最も安全な方法だと思います。
もう一つのいい方法があります。それは復元ソフト~DVDFab データ復元 for DVDを利用するのもいいです。
SSDやHDDなどのデータを復元するより、DVDデータの復元はかなり簡単になります。前提はDVDFab データ復元 for DVDを利用することです。


DVDFab データ復元 for DVDは、破損または紛失したハードドライブ上のDVDデータを復元するために利用されます。DVD劣化の修復に役に立ちます。
修復モード:
クイックスキャン:最速でファイルのディレクトリが完全であるかどうか、またはプレイリストインデックスファイルが破棄されているかどうか、Java保護が削除されているかどうかをチェックします。
ディープスキャン:クリックスキャンモードより時間がかかります。代わりに、全てのファイル(m2tsまたはvobファイル)をチェックします。
カスタムスキャン:ユーザーが手動でチェックするフォルダーを選択できます。

機能:
通常の自動スキャン:毎回手動で設定する必要がなく、週/月ごとに定期的にスキャンを実行します。(ただし、今のバージョンでこの機能はまだ利用できないそうです。)
小さなファイルをスキップ:時間を無駄遣いしないため、DVD全体データに影響を及ぼさない範囲で、小さなファイルをスキップすることを選択できます。
元のファイルをバックアップ:最も重要な機能です。データを修復する前にすべての元のファイルを自動的にバックアップし、処理中データを失うようなことがありません。
使い方
1、データ復元 for DVDをダウンロードして起動します。
2、「ディープスキャン」と「クイックスキャン」から一つを選択すると、「ディレクトリを追加」するように求められ、「カスタムスキャン」を選択すると、直接修復するファイルを選択して追加します。
3、追加されたら、データ復元が修復する必要があるファイルをリストで表示し、修復したいファイルを選択してデータ復元処理を行います。
4、必要に応じて、スキャンされたすべてのソースのデータ概要を表示するメインウィンドウに戻ることができます。


CRCエラー/巡回冗長検査エラーは、HDDエラー、SSD・USBメモリエラー、dvd 読み込み エラーなどがあります。ディスクのメディア不良や汚れ、およびドライブの故障、物理障害、DVDディスクの品質が常にCRCエラーが起きる原因です。それに、ハードディスク エラー 修復やdvd 劣化 修復にDVDFab データ復元 for DVDが使用されます。写真を復旧する場合は、写真加工ソフトを利用してください。