皆さんはビデオカメラを持っていますか?普段ビデオカメラで撮った動画を残したいけど、ビデオカメラ自身はそんなに大きなメモリがなく、大容量のSDカードを買うのも値段が高いです。別のデバイスで再生するのもとにかく不便です。そこでは、DVDディスクを使ってビデオカメラが撮った動画を保存するという方法は多くの人に選択されます。パソコンと空きDVDディスクがあれば、簡単にできる方法ですが、その具体的なやり方が分からない人も多いです。だから、今回の記事では、動画をビデオカメラからDVDにダビングする方法を紹介し、パソコン用のDVD作成ソフトも5つおすすめです。

2024-05-24 14:26:47.530000

ビデオカメラからDVDに焼く前に注意すべくもの

DVDに焼く事前に用意するもの

ビデオカメラをDVDに焼く前に、いくつかの用意すべくものがあります。

ビデオカメラからDVDに焼く前に注意すべくもの
  • ①DVDディスクを読み込めるパソコン
  • ②書き込み可能な空きDVDディスク
  • ③DVD作成ソフト
  • ④もしパソコンがDVDドライブが内蔵していないなら、外付けドライブを用意する必要もある

DVDディスクに関する注意点

実はDVDディスクは全部同じなものではないのです。同じDVDディスクでも、いろんな種類に分けています。よく使われているDVD種類はDVD-Rや、DVD-RWなどがあります。DVD-Rは一度だけデータを書き込めると二度と消せません。一方、DVD-RWは何度もデータを書き換えられるのです。用途によってきちんとDVDディスクを選んでください。

ビデオカメラをDVDにダビングできない理由

偶にもビデオカメラをDVDに焼けない状況もあります。その理由は以下のいくつかを考えられます。

  1. ファイル形式はDVDに対応しない
  2. DVDに書き込む時エラーが発生
  3. DVDディスクの品質が低い
  4. DVDプレイヤーの問題
  5. ビデオカメラの問題

ビデオカメラをDVDにダビングするソフトおすすめその1:DVDFab DVD作成

DVD作成ソフトはビデオカメラの映像をDVDに自分でダビングする必要不可欠なものとして、たくさんの選択があります。その中には、有料でも機能豊富なソフトもあり、無料でも使いやすくて便利なソフトもあります。まずは、一番おすすめの無料体験版のある「DVDFab DVD作成」というソフトを紹介します。

product image
  • ビデオカメラの映像をDVDに自分でダビングできる
  • 自家製の動画や他のチャンネルからダウンロードした動画の高画質を保ったまま、標準のDVDを作成できる
  • 初心者向けのシンプルな操作性
  • 通常のプログラムよりも50倍速い速度でDVDを作成することが可能

DVDFab作成とは、最先端の技術を利用して最新のDVDでも書き込みできる専用のDVD作成ソフトです。いろんな形式の動画をDVDディスクや、ISOファイル、フォルダを作成できるのが主な機能ですが、それだけの機能があるわけではありません。筆者がこれを一番おすすめする理由はこのDVDFab DVD作成には動画編集機能が付いていることです。ビデオカメラで撮った映像をカットしたり、タイトルを加えたりできます。DVDを書き込んだ動画の画質は元動画の画質を保ち、標準のDVDを作成できます。まさに、ソフト一つで、完全な解決策になれます。

自分でビデオをDVDにダビングする手順

Step1
ビデオカメラでの映像データをパソコンに取り込みます。データを取り込まない場合でも、カメラをコンピュータに接続します。
Step2
「DVDFab DVD作成」をダウンロードして、パソコンにインストールします。
Step3
DVDFabを起動して、ホーム画面の左側にあるオプションバーから「作成」を選んで、次に出てきた画面では「DVD作成」をクリックします。

2024-05-24 13:17:47.700000

Step4
左上にある「+ソースの追加」をクリックして、ビデオカメラからの動画ファイルを選択してください。
Step5
動画を読み込めたあと、「メニュー設定」と「詳細設定」をクリックして、自分の需要に応じて設定を完了した後、右下にある「開始」ボタンをクリックします。

2024-05-24 13:22:06.928000

Step6
そして、左側のオプションバーから「処理中」と「終了した」のオプションでは、タスク処理の進度が確認されます。

2024-05-24 13:26:40.597000

処理後、ビデオを編集することができます。DVDFab DVD 作成には、誕生日用や結婚式用などさまざまなメニューテンプレートが用意されているので、テンプレートを活用してオリジナルのメニュー画面を作成することをおすすめします。

ビデオカメラをDVDにダビングするソフトおすすめその2:Wondershare DVD Memory

「Wondershare DVD Memory」とは、写真やビデオなどをDVDに保存するための専用ソフトです。個人の思い出や大切なデータを長期間安全に保管することを目的として、物理メディアとしてのDVDを利用することで、デジタルデータの紛失リスクを軽減します。特にビデオカメラで撮影した映像をDVDに保存し、家族や友人と共有することが簡単になります。機能の安定性と豊富さから見ては、前述の「DVDFab DVD作成」には比べにならないが、ワンクリックでDVDを作成するという操作上の便利さがおすすめの理由です。誰でも簡単に操作できます!

ビデオカメラをDVDにダビングする���フトおすすめその3:Power2Go

/private/var/mobile/Containers/Data/Application/1FF51EC3-481E-4F50-A7CF-6507DCD788B2/tmp/insert_image_tmp_dir/2024-05-24 13:40:38.443000.png2024-05-24 13:40:38.443000

Power2Goは、サイバーリンクが提供するディスク書き込みおよびマルチメディア管理ソフトウェアです。ユーザーはCD、DVD、Blu-rayディスクへのデータ書き込み、バックアップ、コピーを簡単に行えます。また、動画や音楽の変換、編集、YouTubeなどのオンラインコンテンツのダウンロード機能も備えています。直感的なユーザーインターフェースと多彩な機能により、初心者からプロフェッショナルまで幅広いユーザーが利用可能です。特に、データの暗号化やシステムのバックアップ機能も搭載して、重要なデータの保護にも役立つのがおすすめの理由です。

ビデオカメラをDVDにダビングするソフトおすすめその4:DVD Styler

DVD Stylerは、オープンソースのDVD作成ソフトで、ユーザーがプロフェッショナル品質のDVDを簡単に作成できるよう設計されています。多機能で直感的なインターフェースを持ち、ビデオファイルのインポート、メニューのデザイン、字幕やオーディオトラックの追加が可能です。また、豊富なテンプレートやカスタマイズオプションにより、個別のニーズに応じたDVDを作成できます。対応するフォーマットも多く、WindowsやLinuxなど複数のプラットフォームで動作します。やや残念なのは、このソフトは日本語が対応していないが、完全無料なところはおすすめの理由です。

ビデオカメラをDVDにダビングするソフトおすすめその5:Windows Media Player/iTunes

実は、私たちが使っているパソコンには、標準搭載のDVD作成機能が付いているソフトがあります。WindowsにはWindows Media Playerがあり、iMacにはiTunesがあります。いつれも簡単にMP4などの映像データを簡単にDVDに書き込みできるのです。手間かかってわざわざソフトをダウンロードしてインストールする過程を抜くというのがおすすめの理由です。

上述のDVD作成ソフトを比較しましょう

上述でおすすめした5つのDVDダビングソフトには、有料ソフトがあり、無料ソフトもあり、機能豊富なソフトがあり、操作簡単なソフトもあります。どれを選ぶのはやはり迷っていますね!では、以下の対照比較を通じて選んでください。

 

DVDFab DVD作成

Wondershare DVD Memory

Power2Go

DVD Styler

Windows Media Player/iTunes

対応OS

Windows・iMac

Windows・iMac

Windows

Windows・iMac・Linux

WindowsあるいはiMac

日本語対応

対応

対応

対応

不対応

対応

料金

有料版・無料体験版

有料版・無料ダウンロード

有料版・無料ダウンロード

無料

パソコンの標準機能

メリット

  • 高画質を維持
  • 200以上の動画フォーマットから作成できる
  • 豊富なメニューテンプレート
  • DVDメニューをカスタマイズ可能
  • 書き込みの速度は50倍以上
  • 年中無休オンラインカスタマーサービス
  • 動画編集機能搭載
  • ワンクリックでDVD作成完了
  • 画質を維持できる
  • DVDメニュー作成可能
  • 機能が豊富
  • 処理速度が効率的
  • インターフェースをカスタマイズ可能
  • 無料で利用可能
  • カスタマイズできるDVDメニュー
  • クロスプラットフォーム対応
  • 事前にインストールする必要がない
  • 操作簡単
  • 安全性が保証される

デメリット

全ての機能を利用したいなら、有料版を購入しなくてはならない

  • 価格は他社より高い
  • オンライン接続が必要不可欠
  • 安定性が弱い
  • 価格は高い
  • インターフェースはやや複雑
  • 書き込み失敗する可能性がある
  • 安全性が保証できない
  • 機能が制限されている
  • 安定性が弱い
  • 対応できる動画フォーマットが少ない
  • 機能は限られている
  • 書き込み失敗する可能性が大

おすすめの理由

編集機能つき、機能が豊富

ワンクリックで操作できる

バックアップ機能搭載

完全無料

ダウンロードする必要がない

まとめ

以上が、映像をビデオカメラからDVDにダビングする方法とそれが必要とするDVD作成ソフトおすすめの情報でした。筆者が実際に使用した経験と総合的なメリット・デメリットを踏まえると、ここでは、最初のDVDFab DVD作成を一番おすすめします。ご興味のある方は、ぜひダウンロードして試してください!