データをDVDに書き込みたい時、よく使われるのはWindows10に搭載している標準ライティングソフトです。専用のライティングソフトをわざわざダウンロードしてパソコンにインストールする必要がなく、簡単な操作でどんなデータでもDVDディスクに書き込むことができます。では、その具体的な操作手順は何でしょう。また、Windows10標準ライティングソフトを利用するメリットとデメリットはそれぞれ何でしょう 。代わりになれるソフトはほかにあるのか。この記事を通じて、すべての疑問を解決しましょう。

/private/var/mobile/Containers/Data/Application/55705361-6F9C-46FC-9F4F-AF7B7994F3F7/tmp/insert_image_tmp_dir/2024-04-26 04:48:45.787000.png2024-04-26 04:48:45.787000

Windows10標準ライティングソフトの使い方・操作手順

Step1
空きディスクを入れて、PC(コンピュータ)をダブルクリックで開きます。
Step2
デバイスとドライブにある「DVD RWドライブ」をダブルクリックします。

Step3
ディスクの使用方法を選んでください。

DVDディスクの内容を自由に削除したり、変換したりしたい、即ちUSBのようにディスクを利用したいなら、「USBフラッシュドライブと同じように使用する」を選んで、データの容量が大きい、あるいは別のデバイスで読み取りたい場合は、「CD/DVDプレイヤーで使用する」を選んでください。

使用方法を選んだあと、もう一方の形式に変換することができないので、このステップできちんと選んでください。

Step4
ポップアップ画面のフォーマットするという内容を確認したあと、「OK」ボタンをクリックします。
Step5
フォーマット完了後、ディスクトップ画面に戻り、再び「DVD RWドライブ」をダブルクリックで開きます。

Step6
書き込みしたいデータファイルを新しいウィンドウで開き、ファイルを長押しのままでディスクウインドウにドライブしてコピーします。

Step7
使用方法を「CD/DVDプレイヤーで使用する」を選んだ場合は、またメニュー欄で「管理」ボタンをクリックして、「書き込みを完了する」をクリックする必要があります。

Windows10標準ライティングソフトのメリット・デメリット

メリット デメリット
 

インストールする必要がない

 

DVDの内容を抽出して別のDVDに書き込もことができない

 

操作が簡単

 

不具合やエラーが発生しやすい

 

安全性が高い

書き込みできない可能性がある

  データ容量が大きい場合は処理速度が遅い

Windows10標準ライティングソフトの代わりになれるソフト5選

Windows10標準ライティングソフトのデメリットから見れば、大体は機能の不安定性と少なさに集中しています。なので、ここからは機能が多くて安定性の高いソフトを5つ選んで紹介します。

一番おすすめのDVD 書き込みソフト Windows10対応:DVDFab DVD 作成

product image
DVDFab DVD 作成
  • 最先端の技術を利用して、200以上の動画ファイルフォーマット��DVDディスクを作成できるライティグソフトです。テンプレートが内蔵していて、メニューをカスタマイズ可能です。画質をロスレスで、標準DVDを作成する素敵なツールです。

「DVDFab DVD 作成」は筆者も普段使っていて、特に編集機能が付いているのが気に入っています。動画のトリミングや、分割などこのソフト一つで完成できます。そして、書き込みの速度も半端ではなく、大容量のファイルも速やかにDVDディスクに書き込めます。あとは、技術サポートもあるのも心強いです。面倒さに嫌がる人や初心者の方にはこちらの「DVDFab DVD 作成」を一番おすすめです。

対応OS

Windows10・Windows11・MacOS13・MacOS14など

入力形式

MKV、MP4、AVI、 M2TS、 TS、MOV、 WMV、WMA、3GP、FLV、M4V、VOBなど

出力形式

DVD-9、DVD-5、DVD+R/RW、DVD-R/RW、DVD+R DL、DVD-R DL

日本語

対応可能

「DVDFab DVD 作成」のメリット・デメリット

メリット
  • 完全なロスレス画質
  • DVD5とDVD9の両方に対応
  • メニューはカスタマイズ可能
  • 複数の動画ファイルをDVDに焼ける
  • 書き込み速度は50倍
  • 無料体験版が利用可能
デメリット
  • 機能が非常に充実しているので、欠点と言えばすべての機能を利用したい場合は有料版を購入する必要がある点です。

DVD 書き込みソフト Windows10対応:WinX DVD Author

WinX DVD Authorとは、Windows向けの強力なDVD作成ソフトウェアです。ビデオファイルをDVDに変換し、メニューやサブタイトルを追加してプロフェッショナルなDVDを作成することができます。MP4や、MKV、AVI、WMV、MOV、FLV、MPEGなどさまざまなビデオフォーマットに対応していて、使いやすいインターフェースで操作ができます。また、無料版も提供していて、さらなる豊富な機能を利用したいなら有料版の選択肢もあります。

対応OS

Windows:Windows 7/8/8.1/10/11 (32bit / 64bit)

対応DVD規格

DVD-VIDEO

DVD作成機能

動画をDVD/VOBファイルへ、Vob・DVDフォルダからDVDへ、メニュー画面編集、字幕や音楽の挿入、タイトル&チャプター設定、ビデオのカット編集など

日本語

対応不可

「WinX DVD Author」のメリット・デメリット

メリット
  • 使いやすくて操作が簡単で、変換もスムーズに行える
  • 対応できるフォーマットは多種多様
  • 無料体験版が利用可能
デメリット
  • 編集機能がない
  • カスタマイズオプションがない
  • Windowsのみで動作する
  • 更新頻度が低く、エラーが発生しやすい

DVD 書き込みソフト Windows10対応:VideoByte DVD 作成

「VideoByte DVD作成」というソフ���ウェアは、ビデオファイルを簡単にDVDに変換するだけでなく、カスタマイズ可能なメニューやチャプター、サブタイトルの追加など、さまざまな機能も提供しています。さらに、高度な設定やオプションを使って、ユーザーは自分の好みに合わせたDVDを作成することができます。その使いやすさと高品質な出力により、ビデオ制作やプレゼンテーション、イベントの記録など、さまざまなシナリオで活用できます。操作の簡単さは初心者にとって優しくて、デザインはシンプルですが、豊富な機能かつ高画質が サポートしています。

対応OS

Windows 11/10/8/7など、MacOS 10.7またはそれ以降

入力形式

AVI、MPEG、MP4、VOB、FLV、M2TS、MTS、TS、 SWF、MKV、MPGなど数十種類

出力形式

DVDディスク(DVD-9・DVD-5)、DVDフォルダー(VIDEO_TSフォルダ)、ISOイメージファイル

日本語

対応可能

「VideoByte DVD作成」のメリット・デメリット

メリット
  • 強力な動画編集機能が搭載
  • リアルタイムプラビュー機能が搭載
  • メニューはカスタマイズ可能
  • 高品質のDVDを作成
  • DVDだけでなく、ブルーレイも焼ける
デメリット
  • 使用上にはやや複雑
  • サポートが不足
  • 書き込み失敗の可能性が大

DVD 書き込みソフト Windows10対応:Windows Media Player

Windows Media PlayerはWindows向けの多機能のプレイヤーで、動画や音楽を再生するWindowsの標準ツールとして有名ですが、実はWindows Media Playerを使って動画ファイルをDVDに書き込むことができます。AUI、MP4などの映像形式が簡単にDVDに焼けます。

対応OS

Windows 98/2000/XP/Vista/7/8/10/11

入力形式

よく利用されいるビデオ/オーディオ形式がほぼ対応可能です。

出力形式

データCDまたはDVD、オーディオCD

日本語

対応可能

「Windows Media Player」のメリット・デメリット

メリット
  • 強力な動画編集機能が搭載
  • リアルタイムプラビュー機能が搭載
  • メニューはカスタマイズ可能
  • 高品質のDVDを作成
  • DVDだけでなく、ブルーレイも焼ける
デメリット
  • 互換性が低くて、DVDプレイヤーやテレビなどで見られない可能性がある
  • 画質が劣化する

DVD 書き込みソフト Windows10対応:BurnAware Free

BurnAware Freeは、Windows向けの無料ライティングソフトです。CD、DVD、およびBlu-rayディスクに動画や音楽などのファイルを簡単に書き込むことができます。使いやすさと信頼性が特徴で、機能も豊富です。データの書き込み、ブート可能なディスクの作成、ディスクのコピー、およびディスクのイメージの作成など、多くの機能を提供しています。

対応OS

Windows 111/8/7/XPなど

入力形式

一般的なファイル形式(ドキュメント、写真、音楽、ビデオなど)

出力形式

DVDディスク、CDディスク、ISOイメージファイルなど

日本語

対応可能

「BurnAware Free」のメリット・デメリット

メリット
  • 完全無料
  • 操作が簡単
  • 書き込み速度が速い
  • 高画質を維持
デメリット
  • ファイル形式が少なく、最新のフォーマットに対応できない可能性がる
  • 更新頻度が低い
  • 無料ソフトなので、機能が少ない
  • 画質が劣化する

まとめ

以上が、Windows10標準ライティングソフトについての紹介です。Windows10標準ライティングソフトの操作は簡単ですが、その代わりにいくつかの欠点があるのも無理はないです。なので、この記事でも代わりのDVDライティングソフトを紹介しました。その中に、特にDVDFab DVD作成が一番おすすめで、ご興味のある方ぜひお試してください。