iPhone15の発売日と価格とは

iPhone15を量産する体制・時期は未確定である事から状況の変化によっては発売日が延期されるのではないかという指摘もあります。ただ、アップルが目標としているiPhone15の発売日に大きな変更はないとも言われています。有力視されている発売日や予約の開始日などの情報はありませんが、アップルでは既に発売日までの具体的なタイムスケジュールを持っているとも噂されています。

一方、iPhone15の価格については有力と言えるような情報はありません。ただ、iPhone14シリーズでは全機種が11万円以上である他、最上位モデルである「iPhone 14 Pro Max」の価格は23万円です。そのため、iPhone15ではiPhone14シリーズ以上の価格帯になる可能性が高いとの見方もあります。

iPhone15のデザインはどうなる?

iPhoneのデザインに関しては、3年単位でデザインが刷新されている傾向にあります。例えば2017年に発売された「iPhone X」ではオールスクリーンディスプレイなどが採用され、2019年に発売されたiPhone11まで継続される事になります。また2020年に発売されたiPhone12の場合にはフラットエッジが採用され、iPhone14まで継続しています。そのため、iPhone15ではデザインにおいても何かしら手が加えられる可能性があるという噂もあります。

ボタンレスデザインになる可能性がある

どのようにデザインが変化するのかという情報はありませんが、iPhone15シリーズではボタンレスデザインが採用される可能性があるとも言われています。ボタンレスは電源及び音量ボタンを細かな振動によってボタンの押し感を実現している感圧式に変更する事で実現させるとの情報もあります。尚、感圧式のボタンはiPhone7とiPhone7 plusにて既に導入されています。それ以前のiPhoneでは細かなゴミやホコリが入ったり構造的に壊れて動かなくなってしまう事案が少なくありませんでした。しかし、感圧式を採用した事でそれらの問題が解消され、防水防塵の性能もアップしています。

背面部分は「iPhone 5c」に似たデザインになる?

iPhoneではフラットなエッジフレームに変更されたiPhone12以降、直線形なデザインを続けていますが、iPhone15では「iPhone 5c」に似たラウンドフォルムに変更されるのではないかという噂があります。ラウンドフォルムに変更されると言われているのは、手のひらが触れやすい背面と側面が繋がっている部分です。もし直線形のデザインから丸みのあるラウンドフォルムに変更されれば、より持ちやすくなる事が期待できるでしょう。

「iPhone14 pro」ではコーナー部分の曲がりを大きくする事で持ちやすくなるようなデザインにしましたが、iPhone15でも同様なデザインになるという見方もあります。

iPhone15のディスプレイについて

iPhone15シリーズのディスプレイに関しては、「iPhone14 pro」と「iPhone14 pro Max」で既に導入されているダイナミックアイランドが採用されると言われています。ダイナミックアイランドは滑らかに動くアニメーションと共に大きさや形を変化させて、アプリやアラートなどの状態をユーザーに知らせてくれます。そのため、バックグラウンドのアプリを画面移動する事なく操作する事が可能です。iPhone15の画面サイズについては変更点がないと言われており、iPhone15の場合は6.1インチ、iPhone15 Plusでは6.7インチになると予想されています。

モデル限定でProMotionテクノロジーと常時表示機能が搭載される

ダイナミックアイランドはiPhone15の全機種に導入されると言われていますが、iPhone15に関しては「iPhone15 pro」と「iPhone15 Ultra」、2つのモデルに限定でProMotionテクノロジーと常時表示機能が搭載されると噂されています。ProMotionテクノロジーは画面の書き換え数を増やす事でアニメーションなどの動画コンテンツを滑らかに表示してくれます。また画面の書き換え回数を減らした場合、電池の節約に繋がる効果も期待できます。一方、常時表示機能は無操作状態が続く事などで、iPhone本体に触れなくても目線を送るだけで通知や時間などがチェックできる便利機能です。

iPhone15で指紋認証が復活する?

日本では、iPhoneに指紋認証の「Touch ID」を再び搭載してほしいという声が大きくなっていると言われています。アップルでは新たな「Touch ID」や電源ボタンが内蔵されている「Touch ID」の導入を検討していると噂されている一方、iPhone15シリーズで「Touch ID」が再び搭載される事はないという見方もされています。

iPhone15のカメラはより高性能になる?

アップルでは「iPhone14 pro」などに48mpのカメラセンサーを採用した事によって、光学レベルの2倍ズームが可能となっています。従来のiPhoneではテーブル上にある物体を光学3倍のレンズで撮影するには近すぎるという問題点がありましたが、2倍ズームであればちょうど良い距離感で撮影する事ができます。

また光学2倍ズームでは、背景をぼかしながら被写体を鮮明に撮影する事も可能です。そのような短距離ズームを強化したiPhone14に対し、iPhone15では遠くの被写体をより鮮明に撮影できるより高性能なレンズが搭載されるとの噂があります。尚、この高性能レンズは「iPhone15 Ultra」のみに搭載される予定との見方が強まっています。

iPhone15シリーズではLightningではなくUSB-Cが搭載される可能性が高い

iPhone15には全機種にUSB-Cが搭載されるという噂があります。EUではスマートフォンなどのデバイスに搭載する充電端子について、USB-Cに統一するための法改正を行いました。このEUの行動についてアップルの幹部は受け入れる姿勢を示しているため、iPhone15にUSB-Cが搭載される可能性は非常に高いと言えるでしょう。

もしUSB-Cが採用される事になれば、撮影した写真やデータのバックアップなどがより高速になる事が期待できます。またUSB端子を搭載したアクセサリは変換アダプタを使う事なくiPhoneで利用できるようになる他、充電時間の短縮も可能となります。iPhoneの場合、充電が完了するまでに2時間程度かかると言われていますが、既にUSB-C端子を搭載しているAndroidの中には1時間程度で充電が完了する機種が存在しています。

DVDビデオをiPhone15に取り込み、視聴する方法

DVDFab DVDリッピングは、DVDコンテンツを読み込み、それをMP4、MKVなどの一般的な動画ファイル、またはMP3などの音声ファイルに変換できます。更に、DVDコンテンツをiPhoneなどの特定のデバイスで再生できるファイルに変換してパソコンのHDDに保存することもできます。
   

DVDビデオをiPhoneに取り込み、視聴する方法

1. DVDFabの公式サイトからDVDFabを無料でダウンロードして、PCにインストールします。

今すぐ30日間無料体験👇

  無料ダウンロード Windows 11/10/8.1/8/7
  100%安全(ウィルスチェック済)
  無料ダウンロード macOS 10.10 - 14
  100%安全(ウィルスチェック済)

2. 上側のツールバーから「リッピング」モジュールを選択して、リッピングしたいDVDをドライブに挿入します。DVDのISOファイル、フォルダを使用している場合は、画面中央にある「+」をクリックして、リッピングしたいファイルを追加できます。

3. 出力フォーマットを選択して、iPhone15で見る場合は、MP4フォーマットをお勧めします。

インターフェースで出力動画のオーディオ、字幕を選択できます。「詳細設定」でビデオ、オーディオ、字幕をより詳細に設定できます。また、「動画編集」画面で出力動画のトリミング、クロップ、字幕や透かしの追加をできます。

4. 画面下部へ出力先を指定してから、「開始」ボタンを押します。

iPhone15噂まとめ:今までのiPhone以上に期待値が大きいiPhone15

iPhone15は発売日はもちろん、ディスプレイやカメラなどあらゆる面で様々な噂が流れていますが、裏を返せばそれだけ期待値の大きいiPhoneであるという事も言えるのかもしれません。噂レベルではありますが変更される点は多いため、ユーザーの満足度をより高めてくれるiPhoneになる可能性は高いと言えます。価格はより高くなる事が予想されますが、iPhone15はより高性能で便利なiPhoneになる事でしょう。DVDをiPhoneに取り込むなら、「DVDFab DVDリッピング」を使ってみましょう。